人気ブログランキング |

ラテン系会社員、先生になりました。


by チャー先生

ラミーマイラブ。

c0067782_2192335.jpg
季節限定のチョコレートが、店頭に並ぶ時期となりました。
普段は心頭滅却し甘いものコーナーには立ち寄らないように
している私ですが、思わず手にとってしまいました。ラミー。

板チョコの種類が今よりもっと少なかった子どもの頃、
いつもの赤い「ガーナ」ではなくちょっとリッチなパッケージ
(に見えた。当時は。)のラミーを買ってもらった日のことは
今でも鮮明に覚えています。

まず、「これはお酒がたくさん入っている。よって食べ過ぎてはいけない」という
母からの訓示のもと、ひとかけらがてのひらに配給。
口に入れたとたんのむせかえるようなラム酒の匂いに驚いたものの、
ほろ苦い干しぶどうとチョコの甘さの絶妙なバランスにうっとりしてしまいました。

「これが大人の味か・・・」と感動しましたね。
ひとつしかもらえなかったのも、なおさら「大人度」を感じさせたし。

この体験を皮切りに、アイスのラムレーズン味やラムコーク、キューバリブレ、
ダイキリ・・・と着々とラムフレーバーラバーズになってしまった私。
幼少体験は、その後の酒飲み人生にもしっかり影響するようです。

しかし改めてよく見るとラミー、「アルコール分3.7%」って書いてあるんだけど!
ビールとあんまり変わんない・・・すごいよラミー、あんたはすごい。
どおりで食べたら体があったかくなるわけだ。

目下あたたかいアールグレイ(少し濃い目)と一緒に食すのが私のお気に入り。
コーヒーにも合うと思います。
私コーヒー飲めないからよくわかんないけど。
by songbirdm | 2005-10-16 21:51 | すきなこと。