ラテン系会社員、先生になりました。


by チャー先生

5/1(日) つかれ。

元気印、ついに沈没。

晴れやかなGWの幕明け、ただ寝ることしかできない生き物と化してしまいました。
寝ても寝てもまだ眠い。
日常の健康法(お風呂、黒酢)でも対処不能。
熱あり(こわくて計れない)、胃腸も弱ってる(たくさん食べるけど)。
そんな状態なのに親が遊びに来ている(せまい)。
何をどうしてもとれない全身の倦怠感にほとほと嫌気がさし、
「どうにかしてください!」とばかり朝一番にマッサージへ駆け込みました。

今回は渋谷にある初めてのお店。
クーポンを握りしめ、「回数券買えって言われたらどおしよ・・・」とドキドキしながらも、
出てきたお兄さんの感じがすごくよかったので「学割ありって書いてますけど学生証で
大丈夫ですかあ~?」としっかり自己主張してきました。
いつもは短めのリフレクソロジーで様子見するのですが、今回は自分でも体の
オーバーヒートがわかったので、整体60分コースを頼むことに。

楽しい時間はなぜ、あっという間に過ぎるのでしょうか。
これだけマッサージしてもらうと、かなり「やってもらった」感があって
ものすごく幸せになれることを発見。
施術してくれたのは小柄でかわいらしいお姉さんでしたが、
「首・肩・腰はお気づきの通りですが、全身に老廃物がたまっていて状態としては
最悪ですねー」とさらりと言われてしまい、かなり笑えました。

私は見た目以上に緊張型なので、知らず知らずのうちに体に力が入ってしまいます。
すっごく気を抜いているようで、実は正反対という一番いや~なタイプ。
そんな自分が嫌だと思ったこともありますが、こういうこともありつつ自分の体と
仲良くなっていくのもいいかな、と最近は開きなおり。
故障しかけたら休んで手入れして、また元気よく走ればいいだけのことだから。

軽くなった体で外に出ると、渋谷の交差点は既に人でいっぱい。
天気いいもんね。
でも私は家へ直行、マッサージのもうひとつの醍醐味である「施術後のひるね」を
心ゆくまで楽しみました!
[PR]
by songbirdm | 2005-05-01 16:41 | できごと