ラテン系会社員、先生になりました。


by チャー先生

結婚します。

地雷バトンではありません、ご安心くださーい。
誕生日を過ぎたので自分的には解禁かな、ということでご報告です。

日本人の好きな数字、3が並ぶめでたい年齢に、花嫁になることにしました。
あまたの求婚者から届く花や菓子や金銀ダイヤモンドには見向きもせず(注:言ってみたかっただけ)、
人生のパートナーとして私が選んだのは。ひとりの心優しいギタリストでした。
私以上に天真爛漫で、音楽と睡眠とホッピーをこよなく愛する彼を選んだ理由はただひとつ。

「この人と一緒にいるとおもしろい人生が送れるだろう」

という、根拠のない直感でした。

安定を重視する人には、「それでいいの?!」と言われるかもしれません。
でも、人生はやはりおもしろくなければ。
赤塚不二男大先生もおっしゃっていました、「これでいいのだ」と。
(正確には、バカボンのパパが言ってたのだけど)
自分の決断が、吉と出るか凶とでるか。
これから長い時間をかけて、その答えを見つけたいと思っています。

あ、ちなみにプロポーズはまだです。本人は「した」と言い張っておりますが。
彼とお知り合いの方は、ちゃんとするように言ってください。

というわけで、年末に行われる「大きな飲み会」のためにぼちぼちプロジェクトを開始しました。
最近、美容に意識が向いているのも、実はそれが理由でして・・・。
目下、ドレス合わせを目標に闘志を燃やしています。ケンシロウ並みに。

根っからエンターテイナーの私達、お客様を「ただでは帰さない」つもりで企画を練っております。
既にいろいろな方々に協力をお願いしているのですが、みんな快く引き受けてくれて本当にありがたい。
当日はもちろんだけど、そのプロセスも楽しんでしまおうともくろむよくばりな私。
人生最大のイベント、セルフオーガナイザーとして頑張ります!
[PR]
by songbirdm | 2009-04-25 20:38 | できごと