ラテン系会社員、先生になりました。


by チャー先生

<   2012年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

上海老年爵士楽団。

c0067782_6405378.jpg

普段あまりおハイソな場所に用のない私ですが、
上海では日本のようなきちきち感がないこともあり、
きれいめのレストランやバーにも気軽に行ってみたりします。

今回行ったのは、和平飯店というクラシカルなホテルのバー。
平均75歳のおじいちゃんジャズバンドが、上海名物なのです。
c0067782_6362830.jpg

私たちが訪れたのは、1回目のステージが終わった20時半頃。
この時間に働いているおじいちゃんを見ることなどないので
遅くまでお疲れ様です・・・と思ってしまうのですが、
彼らはオールド上海華やかなりし頃のジャズメンズ。
そんな心配は無用のものなのでしょう。

1曲30元でリクエストも可能で、お店の方にお願いするとリストを持ってきてくれます。
せっかくなので、2曲お願いしました。
ジャズはぜんぜんわかりませんが、バーの雰囲気とおじいちゃんバンドの
調和がとても心地よかったです☆

ホテルの雰囲気もとっても素敵。
c0067782_6582317.jpg

「和平飯店」という字を目にするとどーしても中華料理店を連想してしまいますが、
飯店=ホテルの意味。
ここは、1929年に建てられた歴史ある5つ星ホテルなのです。
あとから調べたら、3年の改修工事を経て昨年の夏にリニューアルオープンだったそう。
いい時に行くことができてラッキー☆

和平飯店のある外灘(ワイタン)は観光地なのですが、
うちからは少し遠い。
世田谷区民がお台場に行くような感じなので、用がなければあまり行きません。
せっかくなので、少し散歩をしました。
ホテルの玄関を出て左を向くと、こんな感じ。
c0067782_795122.jpg

さっきのレトロモダンはどこへ?と思うくらい、一気に近未来が楽しめます。
でも、また路地裏を歩くと
c0067782_7132733.jpg

こんな素敵な街並みがある。
いろんな顔があるから好きなんだよなー、上海。
[PR]
by songbirdm | 2012-01-22 07:15 | I Love Shanghai!

東台路古玩市場

玉石混合な骨董街があると聞き、初めて訪れた東台路(トンタイルー)。
通りの両側に、小さな骨董品の屋台がびっしり軒を連ねています。
c0067782_062336.jpg


商品もこのとおり、みっちり。
c0067782_091617.jpg

ここはとてもきれいな方で、
なかには片付けられない人の家状態になっているお店も・・・。
それでもお客さんが来ている(さすがに地元民だった)のは、
中国ならではの凄味を感じさせる風景でした。

郷土色あふれる置物、人民解放軍ポスター、毛沢東グッズ、オールド上海の美人画、
筆、数珠、マージャンセット、扇風機、冷蔵庫・・・。
道端にあふれ出すほどの品数に最初は圧倒されていたのですが、
見ているうちにあることに気づきました。

角を曲がるたびに、なぜか同じ顔の釈迦像に出会ってしまう。
とても貴重な1931年の上海地図、しわひとつない状態のものが
3つの店で売られている。

・・・要は、量産品なんですね(笑

とはいえ、本当に価値ある品物も隠れているので
油断ならんな~と思いつつ、掘り出し物を探したくなる場所です。

屋台の後ろには、さらにお店があります。
ひっそりとしたたたずまい。なんだか、こっちの方に掘り出し物がありそう。
c0067782_0415251.jpg


お店の上は普通に住居です。
写真では目立たないのですが、物を積みすぎて今にも壁が崩れ落ちそうに
なっていました。
中で、どうやって生活しているんだろう・・・。
c0067782_045239.jpg


路地の奥。完全なる生活圏です。
洗濯物と一緒に干し肉が吊るしてあって、子どもたちが追いかけっこしながら
さらに路地の奥へと消えていく。
見慣れない異国の風景なのに、なぜかとても懐かしい気分になりました。
c0067782_0544732.jpg

そうそう、私にしては珍しく、何も買わない一日だったよ(笑)
[PR]
by songbirdm | 2012-01-15 01:06 | I Love Shanghai!

似ているもの。

中国関連の報道に多いイミテーション問題ですが、
上海を訪れるたびに、見方がかわってきました。

これはまったくの主観なんですが、
「カッコいい!」とか「イケてる!」と思ったものを見ると、
何か作らずにはいられない国民性なのではないか・・・と。

そう思ってしまうほど、似ているものがあっけらかんと街中に
存在しているのです。

まず、上海ではマックなみにケンタの店舗が多いのですが、
そんな話を聞いた直後、街で見かけるこのお店が気になりました。
c0067782_20312330.jpg

ファーストフード店ではなく、定食屋チェーンなのですが・・・。
3つのアルファベット&おじいさんが目印という2条件で、
やはりカー○ルおじさんを連想せずにはいられませんでした。

みんなそんなこと思わないのかなあ・・・と街を歩いていたら、
さらに度肝を抜く光景が!
c0067782_20443619.jpg

なんと、米中おじいさんコラボが!!
いいのか?本家本元。
扱ってる商品が違うから、誰も気にしないのかなぁ。

すげー、と数歩歩いた私の目の前に
c0067782_2053437.jpg

・・・えっ?
お店の正面を見つめると、
c0067782_2055688.jpg

・・・。
ちなみに、本家本元の中国名は「肯徳基」です。
(2枚目の写真にちらっと写っていますね。)

噂によると、カー○ルおばさんも上海の街中で見られると聞いたのですが、
今回の街歩きでは確認できませんでした。
見たい、カー○ルおばさん・・・。
[PR]
by songbirdm | 2012-01-08 21:07 | I Love Shanghai!

ハワイアン踊り子会議。

c0067782_8342765.jpg

年始恒例、踊り子会議をハワイアンのお店で行いました。

いつもと同じ会話を延々しているかと思いきや、ここ数年リーダーと模索していた
ことが突如クリアになり。

一瞬、バカボンのパパが

「これでいいのだ」

と頭の中を超特急で通り過ぎていきました。

進みます!

あ、リーダー、Tシャツ作成を計画に入れるの忘れてたよ。
[PR]
by songbirdm | 2012-01-06 08:42 | dance。

旅の効力。

おはようございます。
のっけからお下品なお話ですみません。
朝トイレに行き、使ったトイレットペーパーを入れるかごを
「ない、ない・・・」と探していて、ああ日本に帰ってきたんだっけと
あらためて実感しました。

海外居住経験のみなさんはおわかりかと思いますが、
トイレ問題に関しては深く語りたいという熱い気持ちがあり。
いずれまたね(笑)

旅に出る前の日常は非常にしちめんどくさくて、
数日留守にする分仕事を前倒ししたり、
新聞とめなきゃ食材使いきったり、
もしも何かの時を考えてある程度部屋を掃除したり、
着まわしのバリエーション考えたり、
むこうでがんばる同胞たちに日本食を買い込んだり、
インボイス作成めんどいと思いながらも
深夜もくもくと救援物資作りをしたり。

いつもそんなんなので、家を出るときにはぐったりしてしまいます。
でも。
戻ってくると必ず思う。
どんなにへとへとになっても、やっぱり行く価値あるよって。

実は、25年前に家族で中国を旅行した時には
「もういい・・・」と思って帰国しました。
(長期の旅が子どもにとってハードだったせいもありますが。)
そして、大人になってからの予想もしなかった上海との縁。
おそるおそる足を踏み入れたけれど、
たくさんの驚きと笑いと、素朴な優しさに出会いました。

もちろん、住んでいると不都合なこともたくさんあると思いますが、
まだ旅人である私は、自分なりのこの街のよさをたくさん
伝えていきたいと思います。

c0067782_9504776.jpg


きれいに撮れたので大きく載せました。
上海の観光エリアのひとつ、外灘(ワイタン)です。
この河沿いのレトロな街並みを歩いていると、大好きなパリと
なぜか私の故郷H市を思い出すのです。
[PR]
by songbirdm | 2012-01-04 09:56 | I Love Shanghai!

新年快楽。

c0067782_2241576.jpg

しんにぇんくわいらー。
----
9日間の旅を終え、本日帰国しました。
街の看板が全部読めるよ!すごいよ!(笑)

今回も、あちこち一生懸命歩きました。
ご報告はまた徐々に。

今年も皆様にとって、よい年となりますように。
[PR]
by songbirdm | 2012-01-03 22:41