ラテン系会社員、先生になりました。


by チャー先生

<   2008年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

大きな声で

松田聖子を歌いながら、
算数のテスト問題を作っています。

そんな風にして、やればいいのだ。

次は、渡辺美里ベストかける!!
[PR]
by songbirdm | 2008-10-26 09:32 | しごと。

強い心がほしい。

今何がほしいかと聞かれたら、すぐさまそう答える。

一番大切なのは、淡々とやるべきことをやること。

大丈夫、子どもはちゃんとわかってくれている。
誇りを持て、自分。
[PR]
by songbirdm | 2008-10-26 00:22 | 思うこと。

すっぽんビューティー。

夜な夜な盛り場で浮名を流している美女、はし子さんから
「ちゃーさん、すっぽん食べにいきましょう」
という素敵なお誘いがありました。
さすが魔性女子、若くてもコラーゲン補給はしっかりしています。
で、早速お店を検索したのですが、結構高い!
輸入モノならお手ごろなコースもありましたが、人生初ならやはり国産でいきたい。
お財布とすっぽんへの意欲の狭間で悩んでいると、ふとシンプルな考えにたどり着きました。

「うちでやればいいじゃん」

そこで改めて検索し、ヒットしたのが神奈川県にあるすっぽん養殖場。
HPに載っていたおじさんの「すっぽん一筋数十年」的な意気込みを感じた瞬間、
「ここだ!」と即決。
鍋開催日の前日に届くよう手配しました。

c0067782_1071047.jpg
届いた時の状態がこちら。
背と腹の甲羅の間に、捌いた肉を挟めた状態の真空パックでした。
(臓器移植っぽい感じなので、ちょっと小さめに掲載しています。)

取り出した時は、やはり亀を連想させるビジュアル&匂い。
つかんだ手が、亀の水槽を洗った時のような匂いでした・・・。
しかしそんなことにはメゲず、調理です。
最初に中身だけを鍋に移し、アクをとりながら煮込んでいきます。
普通の鍋だと2時間ですが、圧力鍋だと30分。
レシピには「4~6リットルの水で煮る」と書いていたのですが、鍋はそんなに入らないので
一度煮たら汁を鍋にうつし、また煮るという作業を二回繰り返しました。
この時点で、相当量のコラーゲンスープができあがります。
味は見た目と真逆で、ものすごくあっさりです。手羽先のスープと変わらないくらい。


そうこうしているうちに、お手伝い班のメンバーが登場。
分担すると、野菜を切るのもあっという間です。
第一回はすっぽんの身を入れず、あっさりめの野菜鍋として頂きました。
c0067782_1019370.jpg

言いだしっぺのはし子が来るまで、T嬢のチアのビデオを鑑賞する皆さん。

道に迷ったはし子さんの登場と共に、いよいよ甲羅の投入です!

c0067782_1022268.jpg


どーん。すごいですねぇ。
知らなかったのですが、すっぽんの甲羅にもコラーゲンが含まれているのです。
甲羅の大部分は硬いのですが、ヒレのようになっている部分はコラーゲンの塊!!
既に魚のアラのようになってしまった肉や臓物も一緒に入れます。

c0067782_10261182.jpg

具がお互いにだいぶなじんできました。
二回目の鍋はコラーゲン度がUPした分、とろみのあるスープになりました!
c0067782_1104589.jpg
コラーゲンを欲するあまり、甲羅に吸いつく人も。
もはやあなたがすっぽんですってば。





               最終的には、こんな感じに変貌しました。
c0067782_1125670.jpg

               ジュラ紀のゾウリムシのような出で立ちです。

最後は雑炊でしめ、すべておいしく頂きました。
他にもみんなの持ち寄りで、生春巻きやチーズケーキ、豚の角煮など山盛りの料理でテーブルが大賑わい。
それでいて一人当たり2千円弱(もちろんお酒込み!)なのだから、やはり家飲みはお得ー!
「料亭でコース」よりも印象的な初体験に、みんな大満足でした。
そして、一声かけるとすぐに集まってくれる心友たちにはほんとうに感謝です。
今度はフカヒレ鍋だ!
[PR]
by songbirdm | 2008-10-13 11:16 | すきなこと。

理不尽と戦う。

何年かぶりに、職場のトイレで泣いた。
仕事で泣くのはB社時代のQ未発注事件依頼。(金魚ちゃん、覚えてる?)
それからはいろいろな場所で働いてきたので神経も図太くなり、多少のことでは
びくともしなかったのだけど。
悔しかったし、悲しかったし、どうしていいかわからなくなった。

トイレにこもったのは空き時間。
数十分後には教壇に立たなければいけません。
泣き腫らした顔で子どもの前に出られん!と奮起し、授業の始まる15分前にメイクを
全部落として、イチから顔を作り直してチャイムと同時に教室に駆け込みました。
目が赤いのだけはどうしようもなかったけど、
「さっきトマトジュースを飲んだら目が赤くなった」と言い張り、
「これからもっと赤くなってくるかもしれないけど、先生は見えないから気をつけて!」と
叫んだら子どもは大喜び。
つられて笑っているうちに、今日一日は乗り越えられるな、と気持ちが落ち着いてきました。

人間の心とはおもしろいものです。
その日と翌日はものすごく落ち込んでいましたが、もう一回寝たらなんだかものすごく
腹が立ってきました。
もう一回寝てもやっぱり腹が立って目が覚めてしまったので、今マル付けをしています。
負のエネルギーをプラスに変えられるのが知性。
私は自分がつらいからって、誰かを傷つけたりなんて絶対しない。ふんっ。
[PR]
by songbirdm | 2008-10-11 06:52 | しごと。
人がいいと言った事には従うものです。
スープを飲んだ翌朝、肌の細胞が立ち上がってる感!!
乾燥などどこ吹く風って感じです。
コラーゲンパウダーや210円の某コラーゲンドリンク(好きでたまに飲んでる)よりも
ダイレクトな効き目。
やはり、食物摂取は偉大ですね。
お肌の曲がり角をいくつも曲がってもはや無感覚になってしまった女子のみなさん、
一度は試す価値ありです!
毎週飲んだら効果あるだろうな~。

緑茶化粧水も傷みやすい季節はお休みしていたので、そろそろ復活を考えることにしよう。
効き目とか見た目よりも、おまじない的なこの過程が楽しかったりする。
女の子に生まれてよかった・・・って、もうちょっと高尚なことでそう思うべきっっ??
[PR]
by songbirdm | 2008-10-07 20:42 | すきなこと。

コラーゲンの力。

作りました!手羽先スープ。
レシピはものすごい適当。

手羽先 6本(別に何本でもいい)
にんじん 1本(冷蔵庫に余っていたやつ)
ねぎ 1/2本(青いほうを使いました)
にんにく 1かけ
しょうが 1かけ
水 1リットルくらい

手羽先以外は適当な大きさに切りました。皮すらむきません。
すべての材料を圧力鍋に入れ、高圧で10分。
普通の鍋だと、30分くらい煮込む感じでしょうか。
煮込んだら具を取り、スープに塩コショウを入れて完成です。
それだけの味付けで、ものすごくおいしい。雑炊や鍋のダシにしても最高だと思いました。

そして、取り出した具も無駄にはしません!
手羽先は骨からはがれるくらいやわらかくなっているので、ゆで鶏として活用。
今日はゴマダレにつけて食べたので、明日は五香粉で炒めておつまみ風にしてみたいと
思います。
くたくたになった野菜はミキサーにかけ、ピュレ状にして冷凍。
これもまた素晴らしいスープの元になるのです。

いやー、ここまで料理すると心もスカッとするね!たいしたことしてないけど。

私の地元はスーパーがイマイチなので、市場のある隣町へ買い物に行きました。
日曜なので空いている店はわずかだったけど、お肉屋さんで手羽先を買ったところ
ほんの2~3分の買い物なのに手羽をおいしく食べられる簡単なレシピを教えてくれました。
「簡単だけど、お酒が止まらなくなるよ!」とおばちゃんが笑って教えてくれたのだけど、
こういうちょっとした交流ってとっても好き。
時間がない時はネットスーパーを使ったりするけど、やっぱり対面販売はいいね。
おばちゃん、ありがとう。手羽先は全然違う調理をしたけど、また買いにいきます。
[PR]
by songbirdm | 2008-10-05 18:53 | すきなこと。

野菜の力。

季節の変わり目と、忙しい日々で肌がボロボロに。
こんな時は、食生活の見直し!野菜をたくさん食べています。

一番よく作るのは、野菜スープ。圧力鍋が大活躍です。
今日は残った豆スープにカレールーを加えて、朝はスープカレーでした。
それから、一番食べているのはオクラ!
茹でるだけでOKの手軽な野菜ですが、やまいものすりおろしと納豆を加えた
「トリプルねばねば」もおすすめです。

一週間野菜を食べ続けていたら、やっと肌が落ち着いてきました。
やっぱりメンテナンスは怠っちゃだめよね~と電話で姉に話したら、
「野菜だけじゃだめよ!女はなんといってもコラーゲン、手羽先よっっ!!」
と、一喝されました。
(彼女は、某君島○和子を師と仰いでいるだけに、美に対して厳しいのです。)

というわけで、これから手羽先スープをつくりまーす。
[PR]
by songbirdm | 2008-10-05 14:39 | すきなこと。

役得。

c0067782_2113614.jpg

今日はとみんの日で学校はお休みでしたが、遠足の実踏(じっとう)に行ってきました。
実踏とは下見に現地に直接行くという意味で、学校ではよく使われる言葉です。
会社にいた時は聞いたことがなかったから、業界用語みたいなもんでしょうか。
行き先は、東京郊外にあるこじんまりとした遊園地。
園内を案内して下さった営業さんがふと思い出したように、
「そうだ、せっかくですので先生方も乗っていきます?」
と、4枚つづりの乗り物券をくれました。

「えー、いいんですか~?」と遠慮しながらも、どれに乗るか地図をにらめっこ。
そこからは仕事を忘れ、途中クレープ休憩などはさみながら同僚の先生(女性)と二人で
思い切り楽しんでしまいました。
大人だけで乗り物に乗るのが最初は恥ずかしかったけど、そのうち気にならなくなって
キャーキャー叫んだりして。
思わぬ気分転換になりました。

いつも忙しく走り回ってるけど、たま~に訪れるごほうびみたいな瞬間。
ちょっと、いや、かなりうれしい。
c0067782_21274331.jpg
[PR]
by songbirdm | 2008-10-01 21:28 | しごと。