ラテン系会社員、先生になりました。


by チャー先生

<   2008年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

プラスワン。

去年のバースデイ。

「今年はやりたいこともいっぱいありますが、やらなきゃなんないこともいっぱい。
多分あっという間に32歳になるんだろうなあ。」

と、書いていた私。

ほんとうにそのとおり、あっという間に1年が経ちました。

32歳です。
こうやって改めて文字にすると、何か迫力あるねー。(自覚全然なし。)
今年の目標は、

「もうちょっと年齢にふさわしい生き方をしよう」

です。

ここまで毎年めまぐるしく環境が変わると、長生きできない気がしてくるんだもん(笑)
まあそんな生活も、少し落ち着きそうな感じですが。

今年も日付が変わった瞬間から、たくさんのおめでとうメールや電話を頂きました。
みんな本当にありがとう。とってもとっても嬉しかったです。

この一年をふりかえってみると。
たくさんの出会いと、別れがありました。
それは完全にひとりの人間が抱えきれる量を超えていて、その多さに戸惑っているうちに
季節が巡り、何かに背中を押されるようにして新しい世界へ飛び込んでいった感じが
しています。

めまぐるしい生活の中、楽しいこともたくさんありましたが、痛みや悲しみをともなうことも
あって。
でもすべては必然であり、そこで苦しんで自分が出した決断に間違いはないのです。

あらゆる選択の前において、常に自分は自由でした。
そこでいつも悩み、迷い、考えに考え、選んで歩いてきたこと。
舗装された道が歩きやすいことは充分わかっていても、私はやっぱり自分が歩く道は
自分で切り開きたかった。
そしてその先には、いつも用意されていたような思いがけない偶然や出来事が待っていました。

今、ようやくスタートラインに立てたような気がします。
生々流転の生活の中で培ってきたことを花開かせるのはこれから。
つーわけで多分、いつもと変わらず落ち着きのない1年になると思います!
[PR]
by songbirdm | 2008-04-26 22:32 | できごと

イースターパーティー

c0067782_1831943.jpg


今日は学校でイースターパーティーがありました。
イースターはキリストが十字架にかけられた3日後に復活したことをお祝いする日です。
日本ではあまりなじみがありませんが、キリスト教圏の国々ではクリスマスと同様、いや
それ以上重要な日とされて盛大にお祝いされるそうです。
本来の時期は三月末頃ですが、この学校では入学したての1年生を歓迎する意味と、
全学年の交流を兼ねてこの時期に行われます。

この日子ども達が一番楽しみにしているのは、イースターのたまご探し!
6年生が学校の敷地にたまごを隠し、1年から5年の子ども達がそれを探すという
この学校の伝統的な行事です。
行事には準備がつきもの。
前日はシスターと職員全員で空き時間を利用してたまごをゆで、染め粉でカラに色付けし、
ひとつひとつラッピングをしました。
全員の子ども達に行き渡るように作るわけだから、予備も含めると大変な量です。
けれど、誰もが楽しそうに準備をしています。
私も子ども達が喜ぶ顔を思い浮かべながら、ひとつひとつ心を込めて作りました。

直前までお天気が心配されましたが、なんとか持ち直し予定通り外で決行となりました。
厳粛な祭儀を終え、校庭で大玉おくりなどを楽しんだあとは、いよいよお待ち兼ねのたまご探し!
探し回る子ども達の姿があまりにも必死で驚きましたが、それだけ楽しみにしていたんだなあと
とても嬉しくなりました。

ちなみにイースターになぜ卵が関係あるのかというと、生命や復活を象徴するからだそうです。
同様にシンボルとなっているのがウサギですが、これは繁栄の象徴。
ヨーロッパではイースターに子羊のケーキを焼く習慣がありますが、子羊はなんと
イエス・キリストを表しているということでした。
少し前に学校とは別の場所でこの子羊のケーキ型に関係したやりとりがあったので、
最後の話が一番印象的だったというか、偶然の一致を感じたものでした。

人間いくつになっても、知らないことが山ほどあるものなのね。

そんなこんなでイースターは楽しく終わりましたが、私はちょっと風邪気味です。
睡眠不足がたたって、のどが腫れてしまいました。
扁桃腺や気管支炎にならないよう、ゆっくり休みたいと思います。
[PR]
by songbirdm | 2008-04-19 18:57 | しごと。

分刻みのスケジュール。

先生の仕事は、とかく忙しい。
慣れていないせいもあるけれど、子どもがいる時間は何につけてもそちらが最優先。
空き時間も、連絡帳を書いたりプリントのマルつけをしているうちにチャイムが鳴り、
「やばい次の授業の用意してないっっ!!」ということもしばしば。
ヘタすると、夕方5時くらいまで一度もトイレに行けない(というか行くことを忘れている)日も
あります。
そんな毎日をどう思うかは人それぞれですが、テンパりそうになるたびに自分のことを

「椅子に座る暇もないほどの売れっ子芸能人」

と、思うことにしています。
そうするとほーら、毎日が楽しい。
ファンと追っかけ(生徒)は山のようにいるし、ステージはいつも主役(単に授業)だし、
舞台の袖から月影先生(授業を見に来た主事)が睨んでいるけど気にしないわ!・・・って
いつのまにか北島マヤになってしまったんですけど、なぜ?

細かいことはいいのです。忙しいときこそ、妄想重視!
[PR]
by songbirdm | 2008-04-13 16:37 | しごと。
今週は、この言葉で始まりこの言葉で終わりました。
専科(音楽や図工など専門の先生がいる科目)がスタートしたので、各先生に
授業の最初は必ず「一年間よろしくお願い致します」とクラス全員で挨拶をすることに
決めたのです。

もちろん、担任の私も一緒に挨拶します。
よい関係はよい挨拶から始まること、お勉強ができる子よりも挨拶がきちんとできる子の方が
出会う人に恵まれた幸せな人生を送ることができるということを話しました。
先生方が喜んでくれた顔を見て、子ども達にもそれが理解できたようです。

礼儀作法は、始めが肝心。
お弁当も、私のクラスは箸や弁当箱を定位置に置いて姿勢を正してから
「いただきます」をしています。
当然時間はかかるし、時間通りに終わらせようとすると自分の食事は二の次になってしまう
けれど、日々の積み重ねが大事なのです。
そのうちに、彼らは自然に速くできるようになるでしょう。

なあなあな出来事が多い世の中で、自分という核はしっかり持ってもらいたい。
その素地をひとりひとりに植え付けていくのが小学校の先生の仕事だと、私は思っています。
[PR]
by songbirdm | 2008-04-13 13:14 | しごと。

3年B組チャー先生

3年B組といえば、

c0067782_8323232.jpg

やっぱこの方ですよね。

えーと、私3年生の担任をすることになりました。
うちの学校はA組・B組の2クラスです。
「K先生、B組だから」と言われた瞬間、私の頭の中を鉄矢が特急通過しました。
学生の頃さんざんマネをして、踊りまで作った(ある意味愛しすぎた)あの偉大なる先生と
おそろだなんて!
偶然だけれども、ちょっと笑ってしまった。

で、昨日クラスの子達とご対面でした。
前の学校でも同じ学齢の子を見ていたので様子はわかっているつもりでしたが、
予想以上にちっこくてびっくり。
教壇に立ち、全員の顔を見渡したら、それまで自分が悩んでいたことが
どうでもよくなってきました。
新しくやってきた先生のクラスになって、この子達も不安なんだ。
学校の中では私が一番守ってあげなければいけないのだから、どーんと構えていなければ。

子どもの顔を見たら、チャー先生、ちょっと強くなりました。

黒板に、「あたらしい先生は、びじん。」と書いて、
「今日の宿題です。連絡帳に書いて、おうちの人にちゃんと伝えることー」と言ったら
子ども達は大爆笑。
「やだー」と騒ぐ子が大半だったけど、中には真面目に書き取っている子もいて
おもしろかった。
来週初めての保護者会があるので、お父様方からは誹謗中傷の嵐が予測されますが。
新任とはいえ、コムスメではないのです。
初々しいミソジェンヌ(書くときもいなー)として、図太くクラスを支えていこう。
40人の笑顔を見ていたら、どこからか元気がチャージされました。
[PR]
by songbirdm | 2008-04-06 09:06 | しごと。
おはようございます。
昨日が始業式で、やっと、最初の一週間を終えました。
やーーーっと、ひとだんらく。今週は長かったー。

この時期は毎年同じようなことを書いていますが、今年はとくにきつかった。
学校は、新学期が始まるまでの数日間にやらなきゃいけないことや決めなくては
いけないことが目白押し。
新天地に加えて担任持つのがはじめてだから、使えない新入社員のように右往左往して
いました。

毎朝遅れちゃいけないと思うと緊張が取れないので、週の半ばからは恒例の頭痛。
まばたきするだけでも頭がじんじんしてくる、最上級のが久々にでてきた。
で、そんな自分にむかついたりもする。
職種は変わっても、「よい仕事をする」というのは社会人としての自分のプライドなのだ。
勝手がわからないのは仕方がない。
でも初めてのことにこれだけ不安になってしまう自分が、本当に情けない。

Todoリストにぎっしりの項目を眺めて思う。
来年の同じ頃には、こんなことがなんてことなく思えるように。
自分のできることを増やしていこう。

そんな風に思った最初の一週間でした。
[PR]
by songbirdm | 2008-04-06 08:29 | しごと。

それぞれのイメージ。

新しくやってきた学校は、キリスト教の小学校です。
シスターと子ども達、歌とダンスとくればもう妄想世界の中での自分は
c0067782_2145547.jpg

なのですが、
家族や友人にはむしろこちらの方が近いと言われました。
c0067782_21102314.jpg

そりゃ、デロリスは大好きだけど・・・。
ここまで強烈な先生になる気ありませんから!!!

いいもんね。頭の中はスイスの山並みだもんね。
私はあくまでも、こっちを目指します。がんばれー。
c0067782_21255723.jpg

[PR]
by songbirdm | 2008-04-02 21:29 | しごと。