ラテン系会社員、先生になりました。


by チャー先生

<   2006年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

先日某カルナヴァルイベントでデビューを果たした我がダンスチーム、
週末踊り子Go!!のブログができました。
リーダーのこずえちゃん、がんばっています。

まだできたてほやほやなのですが、練習日程やリレーエッセイなどこれから
どんどん更新していく予定です。

こちらから見られますのでドウゾ↓

☆週末踊り子Go!!のブログ☆

私はしばらくの間練習にあまり参加することができないので、リレーエッセイの方で
もりもり盛り上げたいと思っています。
初めての人にも読んで楽しいダンスの話題を中心に書こうかと。
うひひ、またひとつ楽しみが増えた。

そしてなんと踊り子Go、第三期生を募集するようです。
踊ってみたーい、でもレッスンに行くのはちょっとこわーいという方は
ぜひ一度遊びにいらしてください。
社会人としてマナーのある方なら、性別国籍問わず大歓迎☆
それから男子マネ&お手伝いスタッフも同時募集中らしいので、詳細はこずえちゃんに
聞いてみてください。(意外にテキトー)

たまーにですが、私が超なんちゃってなレッスンを開催したりもします。えへ。
[PR]
by songbirdm | 2006-10-17 19:45 | dance。

無条件バトン

初バトンです。
だいぶ前にわが友フスキーから受け取ってました。
遅くなってごめんよー。

Q1.無条件でトキメク○○な人
①粋な着物を着こなす若い女子。
きりりとした衿あわせにぐっときます。
②Tシャツ・ジーンズ・スニーカーの三点セットが似合う男子。
男は引き算なのです。
スーツはお金を出せばいくらでもよく見せることができるからね。

Q2.無条件で嫌いな○○を3つ。
ゴキブリ
カラス
話題の乏しい人
我ながら、すごい組み合わせだな(笑)

Q3.無条件でお金をかけられる○○を5つ
旅行(帰省含む)
家族へのプレゼント
学費
習い事
友達とのお食事会
無条件ってわけでもないけど、ケチではいたくないなー。

Q4.無条件で好きな○○を3つ。
料理
読書
子どもが笑っている姿

Q5.無条件でバトンを受け取らせる5人
とってもお暇なそこのあなた
忙しいけど逃避行為したいあなた
「何かおもしろいことないかしら」と探しているあなた
「バトン未経験だから、やってみたーい」と思っているあなた
「最近バトンばっかり届くけど、この際だから引き受けましょう!」と言ってくれるあなた

以上です☆
[PR]
by songbirdm | 2006-10-16 15:30 | 思うこと。
操ちゃんのアマチュア最後のライブに行ってきました。
そう、彼女の絶え間ざる努力が実り、ついに来月23日にメジャーデビューなのです!
身近な気持ちで歌を聴くことができるのも、今回が最後かもしれません。

ステージは短い時間でしたが、歌のみならず笑いあり涙ありサプライズありで
おつりが来るくらいの満足度!
(そもそも今回は、ファン全員無料ご招待だったのです。超太っ腹!!)
お客さんを楽しませようという彼女の気配りが隅々に感じられたステージでした。
曲のアレンジも更にクールになっていて、メジャーへの準備万端という雰囲気。

プロとしての階段を着実に上っていく姿を目にする度、遠い存在になってしまうのだなあと
寂しく思いながらも、たくさんの人たちに彼女の素晴らしい才能が広まっていくことを
心から嬉しく思っています。

この日は某国営放送の取材も入っていて、応援のうるさかった私たちヴォーカリストメンバーズは
帰りがけにインタビューを受けました。
もちろん全員で彼女のよさをアピール。でも多分カットされると思うな(笑)

その後、メンバーズとあたり前のように居酒屋へ。
この仲間たち、一緒にいると気楽さ100%で変なテンションになります。
たいしたお酒も飲んでいないのにアドレナリンが活性化してしまい、
「月影です~」「かあさん、遠赤外線だからよく焼けてるよ!」など
新キャラを続々誕生させてしまいました。
(すいません、よくわかんないですよね。私もよくわかってないですから・・・)

ま、そんな幸せ気分になってしまったのも操ちゃんのおかげ。
彼女の芯の強さに触れるたびに、私も強くありたいなあと勇気づけられるのです。
歌う方も、観ている方もお互いが元気になれるライブってほんといい!

歌いたい気持ちが一段と大きくなった一日でした☆
[PR]
by songbirdm | 2006-10-16 10:39 | うた。

二年四ヶ月の教育実習。

あらやだ、ひ○みゴー風味な題名になっちゃった。

えーと、昨年ご紹介した私たちの可愛いダンシング弟くんたちですが、

http://mightym.exblog.jp/m2005-10-01/#2815880

去年が最後かと思いきや、今年も踊ってくれました!!
通常、文化祭を主導で動かすのは高2の役目。
高3はご隠居なので、受験を理由に文化祭にすら来ない子が多いのです。
でも彼らは、やってくれました。
学校側と交渉して講堂をきちんと借り、
細かい台本を書いてお客さんを飽きさせないストーリー形式のショータイムを練り上げ、
受験勉強で気持ちに余裕のない中セリフや振りの練習をし、
ステージに出られなかった子は音響や照明やお客様誘導のスタッフにまわり、
それぞれの役割をきちんとこなしていました。
そして予想以上にクオリティの高いステージを、満杯のお客さんの前で見せてくれました。

今年は、私もこずえちゃんも一切彼らのステージにはタッチしていません。
助けてコールが来たら動くつもりで気持ちの待機はしていましたが、
来ないだろうとも思っていたし、今の彼らにとっては放置することが何よりの成長なのだと感じていたからです。

信じて見守っていれば、思わぬパワーで大人に夢を見させてくれる。
それが子どもの素晴らしいところなのです。

一番嬉しかったのは、彼らが「お客さんを楽しませよう!」という気持ちを強く持って
ステージを創りあげていたこと。
二年前、まだ彼らが歌謡曲の振りをメインに踊ってた頃、言い続けてたことがありました。

「自分たちだけじゃないよ、ここにお客さんがいるんだよ。だから楽しませてよ」

踊りに大切なのは、技術だけじゃないと私は思っています。
どんなに下手でも、振りを忘れても、楽しませたいという気持ちがあれば
それは絶対観ているお客さんに届く。
自分のやりたいことだけやってりゃいーじゃん、という意識だけは持ってほしくありませんでした。

幸運にも、それは伝わっていたみたい。
自分たちが投げかけ、それがお客さんに伝わり、返ってきたものを受け止めてさらに輝く。
そういう幸せの循環と、ステージに立つ魅力を感性の鋭い時期に経験した彼らは
きっと素敵な大人になってくれるでしょう。

三週間で終わるはずだった教育実習。
なのに気がつくと子どもたちの学年は2コあがっていました。
ここまで長々とお邪魔させて頂いたのは、あたたかくサポートをして下さった先生方のおかげ。
「修論終わったらお祝いしようね」なんてメッセージも頂いたし・・・感涙です。

いやしかし10代の成長ってばすごい。
「またダンス教えて下さい!」なんて言われたけど、体力的には太刀打ちできないもんね。
まあ隠居は隠居なりに精進です。
彼らから一緒に踊ろうと誘われた時にあわてないよう、体のメンテナンスはしっかりしておかないとね(笑)

ああほんと最近踊ってないなー。
弟たちのせいで、音の波に飛び込みたい気持ちでいっぱいです。
c0067782_224872.jpg
[PR]
by songbirdm | 2006-10-12 21:49 | dance。
久しぶりの更新です。
イベントが終わって一息つく間もなく、修論の中間発表に向けて準備開始。
ちくしょう、余韻を味わう暇もなく勉強かよ!と悪態をついてみましたが
いやいやおねえさん、そちらが本分ですからね。お間違えなく。

というわけで、またもやいつ寝てるんだか寝てないんだか
わからない日々を過ごし、土壇場でどうにか資料作成。
一時はエントリーすら危ぶまれた発表ですが、どうにか壇上にあがることが
でき、ごり押しの理論を展開してなんとか通過いたしました。
へこたれていた私を励まし、発表の土俵によっこらせと乗せてくれた院生のみなさん、
心からの感謝です!!!
ほんと直前にならないと回転しないこの性格、何とかしたいよ・・・。

そんなこんなで相変わらずばたばたしているうちに、あっという間に10月。
悩みは山ほどあるけれど、立ち止まる暇、まったくなしです。
ていねいに日々を過ごしたいなーと思いつつ、切ったはったの日常で
それができないことにいらいらしたりして。

でも今月からは、余裕のない自分と少しさよならできそうです。
夏の終わりにボスと話し合い、勉強に向き合う時間を増やすため
10月から勤務を週4日にすることに決めました。
週休3日なんていいなー、と思うでしょ?
でも休んだ分遊べるわけではないし、その分月のお給料は数万円下がります。
苦渋の決断とはいえ、金銭的には自分で自分の首をしめてる・・・えーん。

契約書を交わしたあと、ぼんやり考えました。
そこまでして勉強を続ける意味ってなんなんだろう?って。
二足のわらじ生活を維持するためには、いろんなものを犠牲にしなくては
いけません。
安定した勤め先、年齢相応の収入、睡眠時間、健康、友達との社交(これだけはみんなの
おかげで何とかできてるけど・・・)、その他たくさんの楽しいこと。
二年の勉強を終えたからといって、その先が約束されているわけでもなし。
だいじょぶなんだろうか?私。

くるくるといろんなことを考えつつ、まあ心配してもしょうがないから
前に進むだけさ、と結局はいつもと同じ答えを導き出しておしまい。
それでも、悩んだことは無駄じゃないよね。

とりあえず、お金とは仲良くなろうと思う今日この頃。
出費するところはいくらでもあるだけに、収入が増えるあてのない時は節約がカギ。
でも貧乏オーラが漂うのは死んでもいやだから、優雅で上品な「お嬢さま節約生活」を
極めたいと思っています。
お嬢さまと節約を結びつけるところ自体、既に矛盾だけどさ。
お嬢さまは「ちくしょう」なんて言わないけどさ。おほほほほほ。

考えてみたら、消費消費ばかりの生活を見直すいいチャンスかもしれない。
元気でてきた。楽しもうっと。
[PR]
by songbirdm | 2006-10-04 15:59 | 思うこと。