ラテン系会社員、先生になりました。


by チャー先生

<   2006年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ぺちっ。

とおでこに何かがあたった。
手のひらに落ちてきたのは、桜の花びら。

うそ、もう咲いてるの?!!!

普段テレビをほとんど見ないのと、最近仕事の
ボリュームが増えてきて「朝の次は夜っ!」という
毎日なので、季節の移り変わりに無頓着になってました。

新学期を前に授業が一段楽したかと思いきや、
仕事が忙しくなって結局帰る時間は
学校のある時とほとんど変わらず。
多忙の神様は、まだまだ私を手放してくれないようです。

ひま人OLが超ハードワーカーに変身したのが26歳の時。
必要性を感じ、心理学を勉強し始めたのが27歳。
社会人として生きていける自信がついたので、
専門的に勉強しようと決めたのが28歳。
教員免許を取ったのも28歳。
29歳で院に入学し、2年目を迎える私が今ここにいる。

今学んでいることを社会に還元できるようになるまで
あと何年かかるかわからないけれど、確実に
その日が来ることを信じて、しばらくはこの忙しさに
巻き込まれていようと思いました。

そんなことを考えてしまうのは、桜の季節だからこそ。
[PR]
by songbirdm | 2006-03-28 10:50 | 思うこと。
近頃、よく考える。

自分にとって歌や踊りって何なんだろう?
ま、趣味と言えばそれまでなんだけどね。

数限りなく存在する趣味とよばれるものの中で、
なぜこの二つを自分は選んでいるのか。
これらに没頭している時、どうしてこんなに幸せな気持ちになれるのか。
確かな理由はわからないけど、これらがあるからこそ
自分のバランスが保てているんだって思うことは結構ある。

仕事してるし、学生だし、本分としてやらなきゃならないことはある。
でも好きなことも忘れずに、わずかながらでも続けていきたい。
休んでもいいから、やめずに続ける。
私はそういうスタンスがいい。

c0067782_8224627.jpg
地道に地道に。
今日も腹筋して寝よう。

最近の元気なポーズ!!
[PR]
by songbirdm | 2006-03-27 00:57 | dance。

After you.

末っ子で両親と祖父母に溺愛されて育った私は、子どもの頃とてもわがままだった。
一番下の子は特典がいっぱい。
大きくなっても子ども扱いなので大抵のことが許されてしまうし、要領がよいので
上の子よりも得をすることが多い。
みんながかまってくれるから、与えられることがあたりまえになってしまう。
あのまま年齢を重ねていたらどうなっていたのだろう、と心配になるくらい
昔の私は妹気質の強い子だった。

そんな私が大人になれたきっかけは、姪のラコとレコの誕生。
特にラコは私が18歳の時に生まれているので(産んだのは姉ですが)、
年の離れた妹ができたような感覚だった。
赤ん坊はすごい。
感情がストレートで、様々なミラクルを起こす。
ひとりじゃ何もできないくらい小さいのに、まわりの景色が違って見えてくるくらいの
存在感を放つ。
何よりも私を感動させたのは、まだ言葉も喋れない彼女たちが
体全体に「だいすき!」の気持ちをいっぱいみなぎらせて私と接してくれたこと。
笑顔で突進してくる二人を抱きしめた時、気づいたのだ。

今までの自分は愛されることばかり望んでいたこと。
与えられるということを、あたりまえのように思っていたこと。
そういったことに気づかないほど、家族が愛情を注いでくれたこと。

子どもといると、自分よりも先に何かしてあげることが多くなる。
「お先にどうぞ」と心から言えるようになったのは、彼女たちのおかげだ。
自分を貫くことも大切だけど、時には自分を抑えて一歩引くことも大事。
忘れないようにしなきゃ。
[PR]
by songbirdm | 2006-03-25 02:21 | 思うこと。

いちねんせい、おわり。

通常授業は2月で終わり。
3月は遊べるかと思いきや、集中講義の嵐。
とりあえず先週末で1年間のすべての授業が終わった。
みんなおつかれ!私おつかれ!
来月からは2年生です。

いやいや、あっという間に季節が一周しちゃいました。
どうなることかと思いきや、どうにかなりそうになりながらとにかく走りぬけた1年。
同じ速度でまた1年過ぎることを考えると。
こわい。
こわすぎる。

学問は全く身についていませんが、社会人大学院の真髄は悟りました。
それは、

「すべてにおいて完璧を求めないこと」。

このひとことにつきます。

仕事をしながら、授業も全部出て、課題も完璧に仕上げて・・・なんてやってると
体がもちません。
オトナ学生は「無理をせず、ムダははぶき、要領よく」が基本。
なーんて言って、自分が一番できていないけどさっ。

とにもかくにも、時間が足りません。
1日8時間を労働に捧げているわけだから、大学院が2年間といっても
何を学んだのだろう?と首をかしげるくらい光陰矢のごとし。
たまーに「やることがない」とか「ひまでしょうがない」と言っている人がいますが、
そんな風に時間を持て余している人から、ごっそりシフトできたらいいのになあ。

1日24時間は誰もが平等。
今年も有効活用しよう。睡眠時間は削らないけど。
[PR]
by songbirdm | 2006-03-23 23:37 | 大学院生活。

Age ain't nothing but a number.

最近、なぜか年下の子たちに「かわいい」と言われることが多くなった。
「かわいい」という表現はそもそも目上が目下に対する表現なのにね。
奇妙に思いながらも、そう言われると素直にうれしい。
だって女ですもの。

彼らがなぜそう言うかというと、私が本当の意味でかわいいからではなく
実年齢と目の前のいでたちが全然マッチしていないから。
NYで子どもに間違えられた話はさんざん書いたけど、小人の国ここ日本でも
私は同年代の子たちより見た目が子どもっぽい。
しかもジーンズにジャージ、ニットキャップのスタイルが標準装備で
もうひとつの身分が「学生」なのだから、三十路直前と正直にいうと
大抵の人にびっくりされる。

昔からの友達には、年々若返りしていると言われた。

この国では女性は特に、年齢に振り回される。
「もういいトシなんだから」とか、「何歳だから○○しなきゃ」とか。
世間が定義するイメージもあるけれど、実はそれを意識するあまり
自分で自分の首をしめていたりする。

年齢ってなんなんだろう?

自分に関して言えば、気にしているようで実はあまり気にしていないことに
最近気づいた。
同じ年頃の人たちと明らかに違う生活形態を送っていることもあるし、
さまざまな年齢の友人がいることも影響していると思う。
何かの用紙に自分の年齢を書いて、「私こんなに大人なんだー」と
びっくりしたり。
思い切り他人事に感じている自分が、なんだかとてもおかしい。

10代の頃、30歳はものすごく大人だった。
特に当時はバブル全盛期だったので、けだるいワンレン・ボディコンの
お姉ちゃんたち(多分今の私よりかなり年下・・・こわっ!)が世の中を支配していた
百花繚乱の時代。
自分もあんな風に大人になるんだーと信じて疑わなかったが、あれは見た目だけの
ハナシだったのね。
年齢と内面の成熟は必ずしも一致しないもの、大人歴10年を迎えようとしても
まだまだ未熟なところはたくさん。
それは40歳になっても50歳になっても変わらないのだろう。

夭折のシンガー、アリーヤが15歳でデビューした時
「年齢なんてただの数字じゃないの」と大人びた声で歌っていたけれど、
逆もまた真なり。
大人になっても年齢はただの数字。人生って奥深い。
[PR]
by songbirdm | 2006-03-17 23:09 | 思うこと。

月のサイクル。

月の満ち欠けが人間のバイオリズムと関係があることは、
多くの人がご存知のことでしょう。
特に女性は男性よりもその影響を受けやすい、ということで
この2~3ヶ月は月のカレンダーをちょこちょこ見ながら過ごしていました。

すると、ある事実が判明。
私はたまに、ものすごく無気力になって人に会うのも
おっくうになるくらい落ち込むのですが、
そういう時は必ず新月から満月に向かう時期なんですね。
こわいくらいぴったり。
人によって時期的な個人差はあるものの、同じような傾向の方は少なくないようです。

バイオリズムチェックと月のカレンダーを見比べて
過ごしてみると、関連性が見えてきます。

なるほど、自然は無視しちゃいけないのだな~と実感。
もしさしたる原因がないのになんとなく気分がふさぎこんでしまう方は、
月の満ち欠けが原因かもしれません。

ちなみに男性もこれがわかってると、恋人の余計なヒステリーの
被害に遭わなくて便利かも。

「今日は新月から満月に向かう時だから、彼女に会うのはやめておこう」とかね。


ちょっとポエティックですてき。
[PR]
by songbirdm | 2006-03-08 11:07 | 思うこと。

1日40時間ほしい。

怒涛の週末でした。
以下、金曜から日曜にかけて主に起こった出来事で、
ブログに書きたかったこと。多すぎて項目のみです。

・Professor Mietti(みえっち)の退職記念講演
・直後の懇親会で17期の仲間たちと新たに意欲を燃やす
・さらにその後の女子4人飲みで更なる深堀談義
・学校の授業(統計法→認知心理学)
・藤原靖子さんの個展オープニングパーティー
・その後エリーゼ&観に来てくれたume&Fさんと東向島飲み
・健康心理学のレポートがまとまらず、軽度うつ状態
・そんな時umeが偶然地元を通りかかり、カフェで2時間逃避
・ライブのキックオフミーティング

加えて健康心理学レポートの提出日が本日であることを昨日深夜に知り
(なぜか今週金曜だと思っていた)、顔がハニワ状態になったこともつけ加えておきます。
情報が多すぎて処理できていない自分をののしりながら、
あきらめモードでなんとか仕上げました・・・。M子のばかばかばか。

正直、週休二日では全く足りません。
みんなが思っているほど私は時間管理が上手ではないので、いろんなものが
中途半端。
最近は、気がつくとパソコンの前で寝ていたり、家についた途端熱が出たり、
鼻血が出たり・・・。コワイってば(泣)。

仕事と院だけでも両立は大変なのに、よくばりすぎなんだよなー。
それはわかってるんだけどね。
学校の方も修論を意識する時期になり、勉強不足をどこで巻き替えそうと
日々考え続けています。

このブログは院の仲間もプライベートの友人も読んでくれているので、
「なんだ結局遊んでばっかで、勉強は二の次じゃん」と思われるのもやだし、
「勉強が忙しそうだから、遊ぶ時誘いにくいのよね」と思われるのもやだ。

・・・なんだ、やっぱりがんばるしかないじゃん。
思い直したら、ちょっと元気が出てきたぞ。
[PR]
by songbirdm | 2006-03-06 14:23 | 思うこと。

もうすぐですよ。

c0067782_2129617.jpg
藤原さんが、個展のDMを送って下さいました。
友達にあげたり送ったりしつつ、惜しくなって
何枚か手元に残してあります。

ポラで見たかぎりなので、どのポーズが
採用されているかは私も当日までわかりません。
大きく引き伸ばされて飾られるみたいだし・・・。
ドキドキするなー☆

オープニングパーティーで、他のモデルさんとお会いするのが楽しみです。
もちろんデジカメも持っていきます。
エリーゼとアホアホな写真いっぱいとるんだい。

というわけで、もっかいリマインドしておきます。
現代美術製作所    
ついでに、駅から徒歩7分の向島百花園にもぜひお立ち寄りを!
もう土筆(つくし)が生えているらしいですよ☆
[PR]
by songbirdm | 2006-03-02 21:39 | すきなこと。

ジャラジャラクイーン

NYに行ってから、すっかりぶらさがりタイプのピアスが大好きになってしまった私。
新しい職場の服装規定がないのも同然なこともあり、
毎日ジャラジャラクイーンと化しています。
ラインストーンもいっぱい。多分、相当まぶしい(笑)

こちらでもかわいいピアスはたくさん見つけられますが、
本場アメリカの方が安くて個性的なデザインが豊富。
というわけで、maikoさんが一時帰国する前に個人バイヤーを
お願いしました。
今回は、

「予算30ドル、普段使い用・夜遊び用、そして何より私に似合うデザイン」

という具体的なようでわかりにくいリクエスト。

c0067782_2030561.jpg
そして買ってきてもらったのが写真のピアスです。
どれもとっても素敵でしょ?
自分以外の人が選ぶと、ああこんなのが似合うんだ
っていう新しい発見もあって、非常におもしろい。
しかもこんなにたくさん買ってきてもらって、20ドル台で
おさまってるし・・・。
maikoさんってばバイヤーの才能あり!excellent!



お手ごろお値段でかわいいピアスがほしい方は、ぜひ彼女にオーダーを!
・・・って私が勝手に宣伝しちゃだめだよねー(笑)
次はどんなのを頼もうかな~☆
[PR]
by songbirdm | 2006-03-01 20:39 | すきなこと。