ラテン系会社員、先生になりました。


by チャー先生

<   2006年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

熱海はもう春でした。

c0067782_18325586.jpg
院の仲間たちと熱海へ行ってきました。
同じく院の同期S子ママが熱海に
住んでいて、いつもみんなで
行きたい行きたいと話していた
のですが、社会人学生の私たちは
スケジュールを合わせるのが
とても難しく、加えて学校の授業に
追われ、予定は未定で延期の連続。

こうなりゃ無理矢理行くしかない、それじゃあ修論がのしかかってくる前に
ということで、勢いで企画した一泊二日の旅行。
土曜の午前中から事例検討会、修論説明会(私はレポート書きのため自習室に逃避)、
午後4時まで授業のあと計7名が逃げるように東京を脱出。
ひとつ前の新幹線でお客さんががドアにはさまったという軽いアクシデントで
私たちが乗っている新幹線の出発が少し遅れたものの、
無事景色が動き始めたのを合図にみんなで乾杯しました。
(その前から待ちきれなくて飲んじゃったんだけどね)

カウンセリングを学ぶ人には変わり者が多いのですが、私たちもご多分にもれず
個性豊かなメンバー揃い。
ま、この勉強をすること自体普通の人と視点・観点が変わってくるのですが、
出てくる言葉がもうおかしい。

熱海名物寛一・お宮の像を見て「だめじゃんあれ、DVだよ!」とか、
真夜中、眠気を覚ますために「消去動作!消去動作!」と腕をシェイクしたりとか、
情緒まるでなしのオタクな会話ばかりです。
(注:DVはドメスティック・バイオレンスの略、消去動作は自律訓練法の終結手順)


c0067782_22443976.jpg


真夜中は「人間関係ゲーム」で
盛り上がりました。
新興宗教の礼拝では
ありません。




男女平等・職業も年齢も様々だから、ひとつの議題に対していろんな角度から
意見が出てきます。
はてしなく真面目な話も、かぎりなくくだらない話も延々とできる。
そんな仲間たちに出会えたのも、社会人大学院に来たからこそです。
みんなに会えて本当によかった。

土曜の夕方からでも、一泊二日って結構満喫できますね!
露天もヒノキ風呂もゆったり入ったし、早咲きの桜も楽しめました。
二日目はあいにくの雨でしたが、東京よりはずいぶん暖かくて、梅も甘い香りを
漂わせていました。


c0067782_18373676.jpg
そうそう、デジカメは大活躍!
試行錯誤を繰り返しながらも、
上手に写真が撮れるように
なってきましたよ☆
熱海といえば船盛りっ!!
[PR]
by songbirdm | 2006-02-26 23:11 | 大学院生活。
c0067782_4121877.jpg

デジカメを買いました。
小さくて、薄いんだこれがまた!
写メだから比較できないんだけど、私の携帯より薄い。
サイバーショットのひとつ前くらいのモデルなんだけど、もうこれで
充分満足ですって感じ。
今は更に軽くて小さいデジカメがじゃんじゃん売られているんだよね。
日本人はどこまでモノを小さくすれば気がすむのでしょうか。
ううむ、わからん。

色は私の大好きなシャンパンゴールド☆
NYで購入した金ピカのミニバッグ(名前は「いか」)とセットで持てば、
夜のお出かけは完璧です。

六本木あたりでH家P子のように写真を撮っているジェスチャーのやたらでかい
ちびっこがいたら、きっとそれは私さ。
ふふん。
[PR]
by songbirdm | 2006-02-19 04:24 | 思うこと。

大きくなったね。

メトロポリタンで踊り子に呼ばれたのと同じように。
何かに呼ばれる、という現象が、またまた起きました。
地元の商店街に置いてある、フリーペーパー。
いつもは素通りなのに、なぜかその日に限って1部持ち帰ってきました。
うちに帰ってびっくり仰天!
イチオシアーティストの欄に大きく載っていたのは、学生時代に
家庭教師をしていた女の子だったのです!
記事を読むと、昨年インディーズでデビューをしたとのこと。
そうかあ、がんばってるんだなあ。
思わず涙がにじんでしまいました。

初めて教えに行ったのは、彼女が中学生の時。
大きな瞳で人をまっすぐ見つめる、とても繊細な子でした。
その後高校生になってから、改めて定期的に勉強を教えに行くことに
なったのですが、このあたしがまじめな授業をするわけもなく
映画や音楽や、お互いの彼氏の話などをしながら楽しい時間を
過ごしました。

びっくりするほど感受性が鋭く、大きな声でよく笑う優しいNちゃん。
部屋には自分が描いた絵と詩がいくつも貼ってあり、
才能豊かな世界は既にそこに見てとれました。
多くは語らなくても、歌手になりたいという気持ちは強く伝わってきていて。
そうそう、私が歌をはじめられたのも、彼女が先生を紹介してくれたのが
きっかけです。

どうしているかな?と思いながら、もう家庭教師ではないのだからと
あえて連絡をせず数年が経ち。
まさかこんなカタチで再び出会うとは思いませんでした。

ちょうど下北沢で路上ライブがあると記事に書いてあったので、
花束を持って、会いに行きました。
まるで彼女は昨日会ったように「あれ、Mさん?」とごく自然体。
そしてとても喜んでくれました。
考えてみたら、家庭教師に行ってた頃の私と今の彼女はほぼ同い年。
あたしゃただ年をとっただけですが、彼女は今やシンガーソングライターです。
才能と、それを存分に伸ばそうとする努力のたまものですね。

もう少しで雪が降るという寒さのなか、笑顔を絶やさず歌う彼女。
それはかわいいNちゃんではなく、意思と覚悟を持ったひとりの女性の姿でした。
大人になったんだなあ、がんばってきたんだなあと思っていたら、
またまた涙が・・・。
だめですね、最近感動することが多くて(笑)

ライブの後、ファンの人ひとりひとりに「ありがとう!」と挨拶をするNちゃん。
少しでも足しになればと思い、立ち止まって聴いていた若者数人に
「この子すぐメジャーになるから、今CD買っといたほうがいいよ」と声をかけ、
物販の列に並ばせるという半強制的(笑)な裏営業をしてみました。
写真のシャッター押しもすすんでやってたので、いろんな人に「事務所の方ですか?」と
言われる始末。
態度でかいからねえ、どこ行っても・・・。

数日後、丁寧なお礼のメールが彼女から届きました。
同じタイミングで友達から、「Nちゃんが表参道のスクリーンに出てたよ!」という
メールが。
彼女は今日もどこかで、歌っています。ひまわりみたいな笑顔で。
そしてそのことを思うだけで、心がとってもあったかくなるのです。
[PR]
by songbirdm | 2006-02-18 15:45 | うた。

モデル初挑戦!!

またまた素晴らしい経験をしました。
若手アーティスト藤原靖子さん の、個展のモデルをさせて頂いたのです。
街頭スナップで雑誌に載ったりというのは昔何度かありましたが、
スタジオ撮影は初めて!
お話を頂いた日から「腹筋割ってやる!」と相当意気込んでいたのですが、
腰痛勃発で筋トレはあえなくおあずけとなってしまい・・・。
せっかく撮ってもらうのに~と地団駄踏みましたが、いさぎよくあきらめ
油モノ断ち・コラーゲンドリンク摂取・前日夜9時半就寝などの儀式に
シフトして、うさを晴らしました。

当日はモデルの一人であるエリーゼと横浜で待ち合わせ、ブランチ。
一杯ひっかけてテンションを上げてからスタジオ入りしました。
2時間以上もかけて撮影用のヘアメイクをしてもらい、
その後撮影は約3時間!
でも藤原さんをはじめプロのカメラマンさん、メイクさんのものつくりに
対する熱意に刺激されているうちにあっという間に時間が過ぎました。

c0067782_19558100.jpg
きれいなポーズでうつるということは、
細かい部分に意識を行きわたらせることが
必要だということを身をもって学び。
ど素人の私はいったん動いてしまうと
忘れてしまうので、1ポーズ撮り終わるまで
長時間フリーズという荒業を用いましたが、
これを瞬時にできるプロのモデルさんは
日々すごい努力をしているのだなあと心から思いました。
一見優雅に見えて、相当肉体労働な職業ですね。モデルとは。

その場でポラを見せてもらいましたが、普段の自分からは考えられないくらい
素敵な写り方!そいでもってなんか、すげー強そう(笑)
でも自分の中にある一面なんですよねー、これも。

個展の詳細を以下に記しておきます。
お近くの方、お暇な方、普段とは違うマイティーMを見たい方もまだ見たことがなくて
見てみたい方(そんな人、いるのだろうか?)もぜひいらして下さい!
何よりも藤原さんの作風に、みんな絶対ホレるはず!!
展覧会初日は17:00からオープニングパーティーがあり、私もいまーす☆

**********************************
藤原靖子個展

会期:2006年3月4日(土)~3月19日(日)
時間:12:00~19:00(水~金)
   12:00~18:00(土・日)
   ※3月9日(木)の「39@rtの日(サンキュー アート)」は特別に21:00まで
    オープンします
会場:現代美術製作所    
    東京都墨田区墨田1-15-3
    東武伊勢崎線「東向島駅」より徒歩4分
主催:現代美術製作所

***********************************
[PR]
by songbirdm | 2006-02-15 19:18 | すきなこと。

大切な人に

c0067782_233541.jpg

先日kozueちゃんと会った時に、チョコレートをもらいました。
「いろいろお世話になってるんで」とのこと。
やるなあ、なかなか粋なことしてくれるもんです。
嬉しくって、食べられないよねえ。
私も真似して、ちょうど会う予定だったエリーゼにチョコをプレゼント。
とても喜んでくれました。
女の友情を確かめ合うのも、素敵なバレンタインの過ごし方かもしれない。
戦友に煙草を勧め、一服しながら互いに労苦をねぎらうようなものです。
なんてったって、チョコがあれば大抵のことは乗り切っちゃう生き物ですからね、
女の子は☆
[PR]
by songbirdm | 2006-02-14 23:03

春遠からじ。

朝、お医者さんで腰を再チェック。
早々とコルセット解禁です。やったー!
「いやーやっぱり若い人は治りが早いよね」のひとこと。
ふふん。
腰痛には腹筋と背筋をバランスよくつけることが大事だとか。
たしかに、ずーっと腹筋しかやってなかったもんなあ。
気をつけよう。背中美人にもなれるし。

今日は夜にお出かけがあるので、久しぶりにパンプスを
はいて出社しました。
風は冷たいけど、徐々に春が近づいているような天気ですね。
春生まれの私、これからが調子のいい季節です!
[PR]
by songbirdm | 2006-02-13 15:05 | 思うこと。

少しずつね。

c0067782_1949399.jpg

最近、作詞なるものに挑戦し始めました。
今まではコピーを歌うことしか考えてなかったけど、長期計画でオリジナルもいいかなあと思うようになりまして。
まだあまりよくわからずにつらつらと書いてるんだけど、これが意外におもしろいの。文章を書くのとはまた違った魅力があります。
特に今週は腰のクライシスでひきこもっていたので、よい気分転換にもなりました。
人前にお出しできるものではありませんが、ゆっくりと書きためていきたいなと思います。
しかし、作詞作曲が自然にできるひとってすごいよねえ。尊敬。
[PR]
by songbirdm | 2006-02-11 19:49

コルセットつけて

とりあえず出社です。
たった二日動けなかっただけで、
相当きつかった・・・。
体の要の部分をやられると、精神的にもかなり影響がでますね。
悲観的な子になってました。

コルセットのおかげで楽は楽なんだけど、
つけてるだけで不健康感が増してきて、やなもんです。
あああ思いっきり歌って踊りたい。
[PR]
by songbirdm | 2006-02-10 13:23 | 思うこと。

腰痛注意報。

NY回顧録が終わった直後でなんともカッコ悪いのですが・・・。
わたくし、腰を痛めております。

それは一週間ほど前の夜、突然起こりました。
いつもどおり寝ようと体を仰向けにしたとたん、
「!!!!!!!」
腰にするどい痛みが。
やばい、やばいぞと思いながらそのまま寝たのですが、次の日の朝
起き上がることができず。
とりあえずなんとかホームドクターのところに駆け込み痛み止めだけ
頂いたのですが、専門外なため整体に行ったほうがいいとアドバイスを受け
その日はなんとか仕事に行くことができました。

幸いにも座ったり歩いたりしている時にはほとんど痛まないのですが、
寝る時がどうもつらい。
腰痛に効くストレッチをしようとしても、足がまったく上がらない。
腰の痛みはいまに始まったことじゃないのですが、こんなに長びくのは
はじめてです。
加えて、その日を境にいろんな不調が始まりました。
まず寝つきが悪い。肩こりと頭痛がさらにひどい。
体全体が重くて、どんどん気分が下がり、ついには夜中に大泣きする始末。
ま、ちょっとつらいことがあったんですが、普段ならそこまで落ちないんですね。

ああこれはやばいな、体が悲鳴をあげているな、と確信した次の日の朝(今朝なんだけど)
起き上がることができなかったので、お休みを頂き、つかまり歩きをしながら
近くの整体に行ってきました。
整体師さん曰く、ぎっくり腰の一歩手前だったということ。
この状態で歩けること自体すごい、と驚かれました。

「眼精疲労もひどいし、肩と背中も鉄板状態だし普通のひとだったら
とっくに救急車ですよー。
体を使うお仕事じゃなさそうですけど、何か運動されてますよね。」

「はあ、多少ですがダンスと、あとボイストレーニングも・・・」

「ああやっぱり。バランスのよい筋肉のつきかたをしているから、ここまで
持ちこたえたんですよ。それはもうぜひ続けてください。無理しない程度に。」

ほっ。
踊りすぎで腰を痛めたのかも・・・と内心ハラハラしていたので、
整体師さんの言葉はとてもうれしかったです。
原因のひとつはやはり疲労。
仕事が変わって新しい環境になったしね。それはしょうがありません。
それから寒い時期は、とくに腰が悪くなりやすいそうです。
まわりに努力家が多いので、自分がすごくがんばってるっていう
自覚は全然なかったのだけど、体はとてもがんばってくれてたんですね。
帰りはいつもどおり普通に歩くことができるようになり、またまた安心。
メンテナンスの大切さを痛感しました。

もともとあまり体が丈夫ではなく、気力で乗り切るタイプの私。
人前でパワーが枯渇することはほとんどなかったのですが、
これだけ忙しい生活をしているとそれにもどうやら限界がくるようです。

お願いできることは人にまかせて、少しのんびり気分で行こう。
反省しつつ、気持ちを新たにした一日でした。
[PR]
by songbirdm | 2006-02-08 20:51 | 思うこと。

踊り子が、私を呼んだ。

メトロポリタン美術館での衝撃的な出会いについて、書かせて下さいね。

エジプト館を見終わり、帰る前にもういちど案内図を見直した私。
ふとなぜか、「19世紀の絵画」という部分に目が止まりました。
印象派は結構好きなのですが、メトロポリタンは広いということもあって
見る予定は全くなかったのです。
でも不思議なことになぜかその時、行かなくてはと思ったんです。

引き寄せられるというのは、ああいう感覚のことをいうのでしょうか。
正面の大階段を上り、左をひたすらひたすら奥へ。
つきあたりに明るく大きな部屋が見えたのですが、私は左の薄暗い部屋に
足を踏み入れました。

そこにいたのは、たくさんの「踊り子」たち。
そう、私は自然に、ドガの作品が置かれている場所にたどり着いたのです。
稽古場で練習する踊り子、舞台そでで出番を待つ踊り子、そして
舞台の上で軽やかに踊る踊り子・・・。
目の前の光景が信じられず、私はただただ呆然とするばかりでした。

そこには絵画だけでなく、踊り子の彫刻もたくさん陳列されていました。
少しはにかむように微笑みながら、躍動感あふれる姿をとどめている
彼女たちを見ていたら、一気に涙がボロボロとこぼれました。

数年間のブランクを経てまた踊り始めた私を、彼女たちが「おかえり!」と
温かく励ましてくれたような気がしたのです。
8年前にNYへ来た時は、ダンスは楽しかったと同時にとてもつらかった。
結局はつらい方の比重が多くなってダンスをやっていた過去すら封印してしまった
時期もあったけど、素敵な仲間に出会ってもういちど踊ってみようと思った。
自分なりに楽しむことができるようになったからこそ、踊り子たちが
呼んでくれたのです、きっと。

周囲をかえりみず涙をこぼしつづけてる私(今思うとちょっとあやしい)のところに、
心配そうな顔の係員が"Are you OK?"と近寄ってきました。
泣いていたので会話もかなりあやふやでしたが、思いがけずここで踊り子に
会えて嬉しかったのだ、と説明しました。
すると係員さん、にっこり笑って

「ここではね、よくそういうことがあるんだよ。」

信じるも信じないも人それぞれ。
でも私は信じたい。
あの頃の私よりも今の私を、彼女たちが選んでくれたのだから。

c0067782_20514997.jpg
[PR]
by songbirdm | 2006-02-07 20:52 | I Love NY!