ラテン系会社員、先生になりました。


by チャー先生

<   2005年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

Shall We...?



風邪をひいて何もできないので、DVDを観ることに。
体調のよくない時には、ハッピーで元気になれる作品を
選ぶことにしています。
加えて、今の自分の気持ちに合ったものがいい。
明日の踊り子世田谷練もお休みにしてしまったので、
「早く踊りたいなあ」というのが今の正直な気分。

というわけで安直ですが、リチャード・ギアの「ShallWeDance?」
を観ました。
基本的にハリウッドリメイクは原作と別物として考えてしまう
性格なのですが、周防作品を何度も見ているぶん
随所に文化の違いを感じました。

役所広司演じる日本のサラリーマンの泥くささはリチャード・ギアには全くないし、
奥さんも働いて経済的には自立している設定になってるから、夫婦間の意識も
日本とはちょっと違う。
ハリウッド版の方がきれいにまとまっていて、ゴージャスな感じがします。
同じストーリーでもこんなに表現が違うんだなあ、と気づかされた点では、
一粒で二度おいしい作品。

この映画では、とっても大切なことが丁寧に描かれています。
それは、「踊りには練習やテクニックも必要だけど、それより大事なのは
『踊りたい』という気持ちなんだ」、ということ。
基本なんだけど、うまくなりたいと焦ったり、自分の下手さに
目が行き過ぎて落ち込むと、こういう気持ちを結構忘れちゃうんだよね。

だからこういう風に、何かしらの刺激を受けて思い出すのって、すごく大切な作業。
よし、またがんばろう。

来日した時のインパクトが強かったせいか、今回のリチャード・ギアはところどころで
小泉首相に見えてしょうがなかった・・・。
J-Loと踊る小泉首相。うーん、どうなんだろう。
[PR]
by songbirdm | 2005-10-29 23:54 | 映画。

博士の愛した数式。

第1回本屋大賞受賞作品。
前々から読んでみたいと思っていましたがなかなか時間が取れず、
風邪を引いて寝なければいけない状態になってしまったこの時がチャンスとばかり
熱に冒されてフラフラの帰り道に購入しました。

失礼ながら小川洋子作品は芥川賞をとった「妊娠カレンダー」を高校の時読んだきりだったので、「こういう作風の人だったのか!」という驚きがまず最初。
最後まで読み終わって、ほろりと一粒涙がこぼれました。
切ないけれど静かな幸福感と、爽やかさを与えてくれる作品です。

話題の中心は数学と野球。
数学アレルギー、野球のルールを知らない私にはどうかな?と手に取る前は不安でしたが、
とても楽しく読めました。
江夏を愛する人には、もっと心に響くものがあるでしょう。

私の場合、大好きな叔父が数学者なので博士のキャラに共感するところが大きく。
もちろん博士ほど極端ではありませんが、偏屈で頑固、なのに無類の子ども好きという
点では共通しているので、ページの折々で叔父の顔をを思い浮かべながら読んでいました。

時折ふらりとやってきては「脳みその味について」など気持ちの悪い話をとうとうと
語る叔父は、幼い私にとって「へんなおじさん」以外の何者でもなく・・・。
しかし不思議と通じるものがあり、ふたりで仲良くいびつな三角形を描いて
遊んだりしていたことを思い出します。

そんなわけで、ルートと博士が心を通い合わせる場面はことさら強く印象づけられました。

心があたたかくなりたい人は、ぜひ。
[PR]
by songbirdm | 2005-10-29 11:20 | 読書

延期になりました。

12月18日に予定していたライブですが、諸事情によりイベントそのものが延期になりました。
来てくださるお約束をして下さってた方々、ごめんなさい!

いまのところ、来年3月中頃の日曜日に行われる予定です。
というか、決行します(笑)
既に自分のステージ作りのため、準備をはじめたところ。
来てくれるお客さんに喜んでもらえるようなショータイムを作るには、
時間がいくらあっても足りないからね・・・。

今までは前の日に振りが完了、なんていう無茶がききましたが、
学校+仕事の生活で、ショーの事前追い込みなんて無理無理!
春までにはもうちょっとパンチのきいた声がでるように、
がんばって練習しよっと☆
[PR]
by songbirdm | 2005-10-27 09:32 | うた。
まるでタイミングを見計らったように、その時の自分の心に合った本に出会う。
そんな経験はありませんか?

久しぶりにそんな気持ちにさせてくれた本を読みました。
リリー・フランキー著「東京タワー」。

いままで新刊の腰帯に「号泣しました!」と書かれているものはすべて、
うさんくさく思っていましたが・・・そんな私も泣いた。びっくり。
今ものすごく売れている本だし、たくさんの方がその素晴らしさを書いているので
多くの言葉は必要ないと思いますが、静かに静かに伝わってくるものがあって
それが心に深く響くんです。
せつないんだけど、読み終わったあとはなぜか爽やかな気分になれます。

リリーさんと彼のお母さんを中心とした物語なので、男の人の方がより共感を覚える
作品ではないでしょうか。

余談ですが、私はこれを読んだ後、思わず母親に電話してしまいました。
「別に大した用事じゃないけど、元気?」と。
[PR]
by songbirdm | 2005-10-24 22:17 | 読書

てんちゃん☆

17期の大切な仲間のひとり、てんちゃんが院を去ることになった。
別の道でやりたいことがあるという前向きな決断ではあるものの、
クラスに大きな衝撃が走った。

私も、大きなショックを受けたひとり。
だっててんちゃん、一緒にがんばろーねってこないだ言ったばっかりじゃん。
論文検索、あんなに一生懸命してたじゃん。
さびしいよ。

今日の授業後、手続きを終えたスーツ姿のてんちゃんが玄関でみんなを
待っていました。
メンバーの誰もが何も言えずたたずんでいたら、エレベーターから担任の
腹話術先生が偶然にも登場!!
まるで3年B組金八先生の最終回のような光景ができあがりました。

一緒にいられたのは数ヶ月だったけど、17期の絆は永遠です。
お別れではなく、これは発展的解散。そう信じたい。

帰りの電車の中では、ひしひしと心にこみあげてくるものがありました。

私は、ここでがんばります。わかんないことだらけですぐ行きづまるけど。
でも今、がんばんなきゃいけないような気がする。
[PR]
by songbirdm | 2005-10-22 01:18 | 大学院生活。

男と女。

深夜に、親友Tから「よー元気ー?」のメール。
いつもなら「元気だよー」と返すけど、その日はそんな気分になれなかった。

実はここ二ヶ月くらいの間に結構しんどいことが次々起こり、さすがに超前向きと言われる私も心で悲鳴をあげつつ生活しているような状況だった。

きちんと化粧をして意識的に口角を上げていれば、仕事中はもつ。
勉強と修論の悩みで、学校の時間は過ぎていく。
けど、ひとりの時はどうしようもない。特に深夜はそうとう落ちてしまう。

そんなわけで取り繕う余裕もなく、ものすごく、ものすごーく暗ーい返事を
彼に返してしまいました。
すると、速攻こんな返事が。

「大丈夫だ、気にするな!何が大丈夫だと言われると困るがとにかく大丈夫だ!!」

・・・微笑。
男の子が地球上にいてくれてよかったなあ、と思うのはこういう時。
確たる根拠は全然ないけど、シンプルな言葉で力強く励ましてくれるのが男性のいいところ。
ぐるぐると小難しく考えがちな私には、思いがけず救われる瞬間があります。

もちろん、とりとめもない話に「わかるわかる」と延々つきあってくれて、
「まあ正しい答えなんてないわよねー、人生って」なーんて曖昧な答えをしながら
何杯目かのお茶をおもむろに飲む、という女の子たちにもかなり助けられているのですが。

どちらか片方だけじゃなくて、男と女、両方いてこそ世の中だなあと。
思ってしまいました。
[PR]
by songbirdm | 2005-10-21 13:58 | 思うこと。

いくつになっても。

c0067782_20584899.jpg
年齢とともに、どーしても増えてしまうものがあります。
それは、ジャージ。
コートが少し重たくなってくる冬の終わりや、
おぅ寒いじゃんっと思いはじめる秋口(今ですね)になると
必ず目が止まります。
結果、毎年1枚は買ってしまうことに・・・。
とはいえど、ダンス三昧の若い頃に着ていたジャージは
ほとんど人にあげたり古着屋さんに売ってしまったので、手元にはまだそんなに多くありません。
ただ今後も増える予感・大。

そろそろいい大人なのでこじゃれた格好にシフトせねばと思いながらも、
やっぱり好きなんです、ジャージが。
動きやすいし、汚れてもじゃぶじゃぶ洗えるし、ジーンズとスニーカー合わせちゃえば
すぐに出かけられるし。
何より安い!薄給の私でも、ちょっと探せば無理なく買えるかわいいデザインのものが
見つかります。

もちろん代官山あたりのセレクトショップに行くと、胸をズギューンと貫かれるほど
魅力的なデザインのジャージが見つかるのですが、それはそれでお値段も
胸を貫かれてしまうくらいお高いので・・・。
まあ、チープカジュアル専門ですかね、私は。

というわけで今年の一枚は、白。かわいいでしょ?
汚れるのは承知で、そこに女の子らしさを見出してみました(笑)
デニムのスカートやニットキャップなどと合わせてみたいですね。

・・・そう、これを買った時、思わずニット帽も買いそうになってしまって。
なぜかシンプルなニット帽は全身タイツの頭部を連想させ(昔恋人に言われた)、
先っちょにポンポンがついた大仰なデザインのみ似合ってしまう私。
それをかぶるとあまりにも実年齢とかけ離れたいでたちになるから、今年こそは
やめようと思ってるんだけどなあ・・・。

所詮いくつになっても、クールでスタイリッシュな大人の女にはなれないのね。
ならばいくつになってもジャージが似合うようにがんばろう。ふーんだ。
[PR]
by songbirdm | 2005-10-18 21:41 | すきなこと。

ラミーマイラブ。

c0067782_2192335.jpg
季節限定のチョコレートが、店頭に並ぶ時期となりました。
普段は心頭滅却し甘いものコーナーには立ち寄らないように
している私ですが、思わず手にとってしまいました。ラミー。

板チョコの種類が今よりもっと少なかった子どもの頃、
いつもの赤い「ガーナ」ではなくちょっとリッチなパッケージ
(に見えた。当時は。)のラミーを買ってもらった日のことは
今でも鮮明に覚えています。

まず、「これはお酒がたくさん入っている。よって食べ過ぎてはいけない」という
母からの訓示のもと、ひとかけらがてのひらに配給。
口に入れたとたんのむせかえるようなラム酒の匂いに驚いたものの、
ほろ苦い干しぶどうとチョコの甘さの絶妙なバランスにうっとりしてしまいました。

「これが大人の味か・・・」と感動しましたね。
ひとつしかもらえなかったのも、なおさら「大人度」を感じさせたし。

この体験を皮切りに、アイスのラムレーズン味やラムコーク、キューバリブレ、
ダイキリ・・・と着々とラムフレーバーラバーズになってしまった私。
幼少体験は、その後の酒飲み人生にもしっかり影響するようです。

しかし改めてよく見るとラミー、「アルコール分3.7%」って書いてあるんだけど!
ビールとあんまり変わんない・・・すごいよラミー、あんたはすごい。
どおりで食べたら体があったかくなるわけだ。

目下あたたかいアールグレイ(少し濃い目)と一緒に食すのが私のお気に入り。
コーヒーにも合うと思います。
私コーヒー飲めないからよくわかんないけど。
[PR]
by songbirdm | 2005-10-16 21:51 | すきなこと。

頭がいっぱい。

おべんきょーが、いきづまっています。

二学期に入ったら、やっぱり楽しいだけじゃすまなくなってきました。
自分の知識の足りなさを痛感し、初歩的なことすら「なんでしたっけ~?」状態の
わが脳みそを呪い、「友がみな われよりえらく見ゆる日よ・・・」と口ずさみたくなるような
日々が続いています。

「だってしょうがないも~ん、学部心理じゃないしっ」と開きなおって過ごしていたけど、
それもそろそろ通用しない・・・自分的に。
だってそもそも院を目指したのは、カウンセリングを趣味としての知識じゃなく
仕事のレベルに持っていきたいからであって。
わからないままであっさりと二年間を過ごしてしまうような余裕はないのです。

ま、遊んでる時間を勉強にまわせって言われたらそれまでなんですけどね(笑
ひとつひとつやってかなきゃな、と心新たにする秋です。
[PR]
by songbirdm | 2005-10-13 14:27 | 大学院生活。

届くまでドキドキ☆

スニーカーではいまいちターンがスカッといかないので。
買うことにしました、サルサ用の靴を!

とりあえず店頭で市場価格のリサーチをしましたが、当然ながら靴はどこも
それなりのお値段。
そこでマダムYからのアドバイス。
お値段も手ごろかつオーダー生産をしてくれるシューズのネットショップを
教えてくれました。

かわいい!そして安い!!
というわけで早速注文。
こんな時頼りになるのはやはり、その道の先達です。

届くのは三週間後。
待ってる間のドキドキ感がたまりません☆

注文しただけで、女の子気分がなんとなくUP↑しました。
[PR]
by songbirdm | 2005-10-11 22:06 | dance。