ラテン系会社員、先生になりました。


by チャー先生

<   2005年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

解放。

ロックダンスのスクールへ。

頭を使いすぎたりやなことがあったり体内に悪玉菌が溜まったと感じたら、
主な選択肢は以下の通り。
①寝る
②踊る
③歌う
④マッサージ系に頼る

解放策はまだまだいろいろありますが、今日は②の気分でした。

社会人ダンスユニット「週末踊り子Go!!」の裏番ねーさんでもある私は、
かわいい妹たちのためにも振りを仕入れにレッスンへ。
(しかし振り覚えが相当悪いので、踊り子の練習がある時にまでは
すっかり忘れてしまっているという体たらく。)

1ヶ月くらい間があいちゃったからもあるけど、今日もついてくので精一杯でした。
だってロックの振りって・・・速い!!!
ステップだけで精一杯なのにそれにポイント(指で示す動作)が加わってしまうと、
もおいっぱいいっぱい。

でもソウルの曲に合わせて踊るのはものすごく楽しい。
早く先生を見ないで踊れるようになりたいものです。かっこよくね。

今日はなぜか、「ラテンのステップ入れるからー。」とチャチャチャ(と先生は言っていた)が
振りの中に入っていた。ソウル界にもラテンの波が来てるのかしらね?

運動していっぱい汗をかくと、帰り道の体が軽い。
筋肉痛のためにグレープフルーツジュースも摂取したし、
お風呂入ってストレッチして、今日は終了!
[PR]
by songbirdm | 2005-09-28 22:27 | dance。

頭痛薬と胃薬。

さきほど、構想発表会から帰ってまいりました。
んで、どっち飲もうか迷ってしまった。
ふたつ一緒は危険だよなあ~と思い、結局胃薬を選択。

緊張が解けたことを体が訴えていますが、とにかく最初のヤマは越えました。
指摘を受けるのはこわくなかったんだけど、それ以前に
レジュメにした研究内容が「こんなの研究にならないよ」と言われるのではないか。
そればかりが心配で心配でたまらなかった。

でもそれはありませんでした。安堵。

発表と先生のコメントが終わった瞬間なぜか、

ジンギスカンが食べたい!!!

という言葉が頭をよぎり。
結局、疲れて行き着く先はソウルフードへの郷愁なのね。
あんたには知的好奇心のかけらもないのね。
とおのれの小ささを実感した次第。
明日ラム肉買ってこなくっちゃ。

終わったからといって、ゴムのように伸びきってはいられない。
構想会は来月・再来月と続きます。
私の場合、拡散している研究内容をどう落とし込んでいくかが今後の課題。
頂いたヒントを次回までにどれだけ噛み砕いて研究を明確にできるか。
難しいとこです。

そうそう、他の人の研究内容もすごくおもしろかった。
同じところに意識を置いているんだろうけど、切り口がほんと人それぞれで・・・。
思考という機能は、人間の財産のひとつですね。

というわけで、今日はもう閉幕。
お風呂入って、頭痛取ってきまーす。
[PR]
by songbirdm | 2005-09-26 23:06 | 大学院生活。

スランプなのに・・・?

はああ。
心に傷を負ってボイトレより帰宅。

ここ1年くらいずーっと歌のなかで超えられない壁があって、
それゆえにレッスンを受けるたびに失望・失望の連続。

そんな中今日とどめを刺されてしまった。
「なんかさー、直そうっていう真剣さがKさんから伝わってこないんだよね」と。

がああああんん。

あんなに四苦八苦してるのに、そうおっしゃるんですかせんせえ。
いつも何かしら刺されて帰ってくるのですが、今日は心から血が流れました・・・。

そんな風に試行錯誤を繰り返す中、ライブ出場が決定しました!!
12月18日(日)です。もちろんクリスマスライブ☆
詳細はわかり次第再度ブログ&個別にお知らせします。

もうこうなったら、傷だらけで舞台に立つからっっ!
[PR]
by songbirdm | 2005-09-25 21:16 | うた。
手当たり次第に逃避行動を繰り返しながらも。
昨日午後5時くらいにようやく「マジモードマン」に変身することができ、
日付が変わる前になんとか構想を書き上げました。

マジモードマンになると、寝食および全ての遊びたい欲求が消失し
ひたすら思索および作業に集中します。
たぶん、体内の男性ホルモンの数値が急上昇するのだと思う。
顔つきも男っぽくなるので、他人には見せられない形相ゆえにがっちりと
ひきこもります。

変身するとものすごい勢いで作業が進むのですが、困ったことに
このマジモードマン、さんざん苦しまないと出てきてくれないのです。
うんうんうなり始めてから、1日半~2日くらいかかる。
しかも苦しんだからといって、いつも出てきてくれるわけではなく・・・。

毎回最初からこのテンションでいければ悩むことはないんだけど。はあ。

「変身してこの程度かよ!!」とツッコミを入れたくなるような内容だけどね。
もともとの脳みそがおそまつだからしょうがない。
あとは一日かけてちょこちょこと推敲しながら、読みやすくしていく作業だけなので
ようやくお休みが来た感じです。

さーて、午前中はおそうじマンに変身!!
[PR]
by songbirdm | 2005-09-25 09:53 | 大学院生活。
たったA4一枚の論文構想が。
どうしてこんなに手間取るんでしょうねえ。

書類が散乱する机の前に座るのがいやでいやで、いきなり掃除をしたり
実家に電話したり鏡の前で踊ったり、ありとあらゆる逃避活動をして
時間をやり過ごす私。

つきつめて物事を考えられないこの性分は、研究者はもとより
院生失格だ!あああ。

そもそも勉強嫌いだし、頭ぜんぜんよくないし・・・。
無理なのよ。論文を書くという行為自体があたし無理。

難しいものを書くつもりはない。
なのにカタチにならない。

ええいこうなりゃ高倉健だっ。

不器用ですからっっっっ!!!
[PR]
by songbirdm | 2005-09-24 12:41 | 大学院生活。

茶の味。



ずっとずっと気になっていたこの映画。
かなり気に入りました。

シュールなのに心地よく観ていられる雰囲気、というか。
「普通の中のちょっと変なこと」をうまく表現していて
そしてありえないのに何となく観ている人を
納得させてしまう、そんな素敵な映画でした。






私がこの映画に注目したのは上部のシーンをを予告編で観たからなのですが、
実は子どもの時、これと同じように「おおきい自分がそばにいる夢」を何度も見たことが
あるのです。
だから、すごく驚きました。
同じような夢を見たことのある人って、結構いるのかもしれませんね。
私の場合はとてもこわくて、いつも目が覚めると汗をびっしょりかいてたなあ。

「おおきい自分」が何を意味しているのか、今さらのように知りたくなりました。

他にも変な人がいっぱいでてきて、どこかが少しずつ自分と似ていて、おもしろかった。
私イチオシは我修院達也演じるおじいちゃん。
サイコーに変!そして素敵!
まわりは迷惑だろうけど、あんなシュールなお年寄りになりたいなあ。

そして今、そのおじいちゃんが歌っていた「三角定規の歌」と「山よ」が、耳から離れない。
困った。
[PR]
by songbirdm | 2005-09-19 00:36 | すきなこと。

続・Flower

先日贈った花が、祖父母宅に届いたようだ。

喜んだ祖父がうちの留守電にメッセージを入れたら、なぜか全く知らない人から
折り返し電話がかかってきたという。

「なんだかよくわかんないけど騒ぎになってるよ~」と母から情報が入り、
あわてて祖母に電話をかける。
たわいもない話なのだが、つまりこういうこと。

①花が届いた。
②祖父が番号間違いをし、どこかの家の留守電にメッセージを入れた。
③その家の電話には番号通知機能があったらしく、メッセージを聞いた方が
  折り返し電話を祖父にかけてくれた。

電話を下さった方はメッセージの口調から祖父がかなりの高齢であることを
察したらしく、「私のほうからM子さんにお伝えできませんので・・・」
と話していたらしい。

留守電ならばそのままにしておくこともできたろうに。
この東京のどこかに、そんな気遣いをしてくれた人がいるということが、
ちょっと嬉しかった。
[PR]
by songbirdm | 2005-09-19 00:18 | 家族

ひとをあつめるひと。

ずいぶん前だが、いつも髪を切っている美容師さんに指摘されて気づいたこと。

私が予約を入れると、その後予約の電話が続けてかかってくるという。
お店に来ると、その後その日はとても混む、というのだ。
そういう風にお客さんを連れてくる体質の人が世の中には存在するらしい。

その時は冗談だろうと思って笑って済ましていたが、なんとなーく意識しながら
過ごしていると、やはりそうかも・・・と思うことはちらほら起きる。

体質は遺伝するのか、姉もやはり「お客さんを連れてくる人だ」と言われたことがあるという。
じゃあ二人で行ったらどうなるのか・・・というと。

○事例その1○
平日昼下がりのひまな時間帯に行った小さな雑貨店がお客さんでひしめきあい、
1人しかいなかった店員さんをパニックに陥れた。

○事例その2○
ピークを避けて行ったレストランで、ふと気がつくと行列ができていて
あまりゆっくりできなかった。

○事例その3○
入ったときはがらがらに空いていた美術館で、帰る頃に入場制限が行われていた。

これすべて事実。ザッツサイキックシスターズ。

いつも必ず起こるわけではないけど、自分のいる場所がなんとなく混みあってしまう
という経験は結構多い。

それを生かしてお店を構えたらさぞかし繁盛するのでは、と思う方もいるでしょうが、
そうはうまくいかないんですね。
私が店長をしていた時、そんなにお店の売り上げはよくなかったし・・・。

あくまでも純粋に客として行く時のみ、発揮される特技の様子。
というわけでお客さんが来なくて困っているお店の方がいたら、ぜひご一報ください。
必ず満席にします!とは言えないけど・・・。
[PR]
by songbirdm | 2005-09-18 00:07 | 思うこと。

9/16(金) もう・・・?

昨日、学校でショッキングな事実が発表された。

10月に行われると予告されていた第一回目の修論構想発表会が、9月26日に正式決定。
26って・・・あと10日しかないじゃん!!

そもそも研究テーマが漠然としていて、決まらないことで鬱々とした日々を送っていた私。
9月いっぱいはこのモラトリアムを続けていこうと思っていたのに。ああ。

しかたない。
おしりを叩いてくれるのはいい学校だ、ということで。
連休返上でがんばります。
[PR]
by songbirdm | 2005-09-16 10:27 | 大学院生活。

9/14(水) Flower

敬老の日に届くように、実家に花を送った。

わが愛する祖父は今年90歳、祖母は87歳。
ため息がでるほど、長生き。
でもそんな二人が「ここまであっという間だった」と口を揃えていうのだから、
人生ってものすごく奥深い。

私がすごいのは、この二人が常に「与え続ける人たち」だということ。
おいしいものが届くと、手をつけずに私たちへ。
よいことやためになることを見たり聞いたりすると、その言葉を私たちへ。
それは、いい大人になってしまった今でも変わらない。

祖父母がしてくれたことの100分の1、いや1万分の1も私は二人に
返すことはできないだろう。
以前そんなことをもらしたら、笑ってこう言われた。

「私たちはいい、でも次の世代をお願いね」

K家における『次の世代』は今のところ姉の創造物であるS1とS2しかいない。
おおまかな教育は親が行っているので、とりあえずは叔母の役割として
課外(加害?)授業担当に徹している。

でもやっぱり何かを返したいから。
私ができる方法で、気持ちを送ってみた。
[PR]
by songbirdm | 2005-09-14 20:48 | 家族