ラテン系会社員、先生になりました。


by チャー先生

<   2005年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

7/30(土) 東京タワー。



東京タワーを見ると、少しだけ物悲しい気持ちになるのは
私だけでしょうか。
理由はよくわからないけど、東京の象徴であるだけに
自分がここで生きてきた様々なことを
思い起こさせるからかもしれません。

東京タワーを見るたびにいつも、自分がこの土地の人間ではないことを改めて突きつけられたような気がします。
なのにこのぼんやりとした光は、誰にとっても優しい。


私はまだ、東京タワーにのぼったことがありません。
いつか、大切な人と行ってみたいと思っています。
[PR]
by songbirdm | 2005-07-30 13:46 | すきなこと。
出好き・遊び好きな私はよく、「料理ができなさそう」と言われる。
そこまでいかなくても、料理をするタイプには全く見えないらしい。
失礼な。人は、見かけによらないものなのだよ。

もちろん毎日は作れないけど、週末は少しでも自分で作ったものを食べるようにしています。
特に、旬のものを使った料理が大好き。

c0067782_20533426.jpg
というわけで今日は、「ナスと揚げの煮物」をつくりました。
京料理の本でレシピを覚えたので、薄味に仕上がっています。
実家は濃い味の地域なのですが、私はだしの味オンリーの
煮物も結構好き。
いんげんも冷凍を使わず、しょうがも生をすりおろしているので
野菜の味がダイレクトに伝わってきます。


今日はこのほかに、スズキのお刺身とたまご豆腐、やわらかめに炊いたごはん。
お酒もつけたくなりますが、やらなきゃなんないことがたくさんあるので
それは我慢我慢。

自分で作ったものを食べると、心がほっとおちつきます。
最近子どもの食育に関して注目が集まっているけど、おとなにも食育は重要。

ばんざいスローフード。ごちそうさまでした。
[PR]
by songbirdm | 2005-07-24 21:13 | すきなこと。
きのう、土曜日のおはなし。

夏休みの集中講義、「精神障害特講」のため学校へ。
勝手に「週末は浴衣」をなるべく心掛けている私、もちろん着て行きました朝から。
なんせ夜には毎年欠かさず行っている調布の花火大会も予定に組み込んで
いたため、夏ならではのイベントに向けてやる気まんまんだったのです。

そこにあの地震。
校舎がこんにゃくのようにやわらかく揺れていたのには驚きました。
が、おさまった後にはすんなりいつものように帰れると思っていた私。
甘かった。

茗荷谷駅の改札前は人だかり。営団線は前線不通、点検中との情報。
とりあえずすぐに状況は変わらないと判断し、駅ビルの2階にあるジョナサンで
学友たちと合流しました。
もともと別件で集まることになっていたのですが、否応なしに帰れなくなってしまって
全員が立ち往生。
携帯はつながらないし、首都機能が麻痺したらほんとに何にもできないねー、と
天災のこわさについて話し合っていました。

結局、家に着いたのは8時前。
東京の西を走る京王線は影響なく走ってて、花火は予定通り行われたとか。
あーあ残念、でも大きな被害がなかったことを喜ぼう。
[PR]
by songbirdm | 2005-07-24 17:39 | 大学院生活。

下町の夜は更けゆく☆

金曜日のおはなし。

長年の友である下町の看板娘兼カリスマ主婦Mちゃんと、彼女のホームタウンにて
つどいました。
大学の頃よりリーダー的存在であった彼女は、主婦という立場を存分に活かして
現在もなお個人活動さかんな私たちの統括をしてくれるありがたい存在です。

しかし、これほどまでに既婚者の香りがしない人妻もめずらしい・・・。
女の人って結婚するとどこかに「奥さんらしさ」が漂うけど、Mちゃんはますます
彼女らしさを開花させているわけで。合格。

私がこの数ヶ月定期的な集いにすら参加できなかったため、Mちゃんへの
報告事項は数限りなくありました。
大人になると、ちょっと合わないうちに様々なことが起こります。
たいがいのことは頑張って乗り越えられるけど、自分ではどうにもできない壁に
ぶつかることもしばしばあって。
そんなことを気兼ねなく話せる人がいるということは本当にありがたい。

二軒目はMちゃん兄の同級生のご両親がやっているという、なんとも下町な
小料理屋へ。
この日はなんと嬉しいことにMちゃんママが登場!
10時を過ぎてひとりふらりと飲みにやってくるあたり、粋な文化を感じます。
気がつけばお店のマスターとママも加わって、賑やかな会話がお店一杯に広がって。

お腹の底から笑って笑って、とてもよい気分でおうちにかえりました☆
[PR]
by songbirdm | 2005-07-24 17:16 | すきなこと。
本日は仕事を離れ、研修に行ってまいりました。
開始時間10時だったので、9時ちょい前に家を出てらくちん出勤☆
朝のんびりできるって素敵~と幸せを噛みしめながら中目黒の駅で同僚のEさんと
合流しました。

今日は就業1年未満の派遣コーディネーターを対象とした研修で、業界動向の把握から
面接のポイントまでを詳しく教えて頂きました。
机の上に用意してあったテキストを何気なくめくると・・・

「傾聴の技法」(きたっ!)・「要約」・「交流分析」・「エゴグラム」・「S-R理論」 etc...

あちこちに使われてますね、カウンセリングの要素が。
人材業界という切り口でどのようにカウンセリングが必要とされているか、ということが
わかり、なかなか考えさせられました。(中には「?」な引用もありましたが・・・)

メンタルヘルスの重要性から「カウンセリング」という言葉が市民権を得つつありますが、
多用されているわりにはその意味をきちんと捉えている人が少ないというのが現状です。
「カウンセラー」という言葉を使えば、なんとなく相手も納得してしまう風潮にもなっており、
カウンセリングを志す者にとってはそこが大きな問題になっています。

定義が曖昧なため正しい認識がされてない、ということもありますが、
少なくとも自分自身は明確に答えができるようきちんと勉強しなければな~と
改めて衿を正す思いで講義を聞いていました。

グループセッションやロールプレイイングの多い研修で、楽しんでいるうちに
あっという間に終わりの時間になってしまいました。
他社のコーディネーターさんともいろんなお話ができて、
情報交換の場にもなったし・・・。
明るくて話好きの人が多かったけど、それはどうやらこの職種の傾向のようです。

そうだよね、人好きじゃなきゃやってられないよね、この仕事。
大変だもん。

c0067782_2019727.jpg
終わったあとは、自分にごほうび。(何の?)
中目黒「ヨハン」のチーズケーキを買ってまっすぐ帰宅しました。
ちっちゃいけど大好きなんだー、ここのケーキ。
素朴な味で、売ってるのもふつーのおばちゃんだし。
余計なものが一切なくて、なんだか安心できる。


ああしあわせ。明日もがんばろう。
[PR]
by songbirdm | 2005-07-20 20:26 | しごと。
梅雨、明けましたねー。あーうれし。
海の日に梅雨明けなんて偶然なのか、はたまた策略なのか?
とにかく来ました夏、ウェールカアアアム!(梅雨前から言ってるけどさ)

夏が来たからには何か夏らしいものを買わねば・・・ということで、
季節柄必須アイテムの「かごバッグ」を探しに行くことにしました。

c0067782_2125273.jpg
もちろん、浴衣を着ていきます。かごとのバランスも見たいしね。

今日のお出かけはこの組み合わせ。
白の浴衣って意外に見かけないので、ちょっと着慣れた感じを
出してくれるのが好きです。
これに黒のパラソルと下駄をプラス。
テーマは 「お稽古帰りの下町お嬢」(あくまでも主観。)


なぜか今日は「吉祥寺だ!」と感じていたので、自分に素直な私は
一路井の頭線を北上、吉祥寺でかごを探すことに。
炎天下の中、LONLON→パルコ→サンロードの雑貨店→東急と練り歩きましたが、
大きすぎたり小さすぎたり色がドハデだったりと、
どれもいまいちでなかなかお気に入りが見つからない。

日傘はあるもののとんでもない暑さだし、「もう今日はあきらめよっかな~」と思いながら
暑さしのぎに入った雑貨屋で、思い通りのかごにめぐりあえました。

c0067782_21462781.jpg
色・大きさ・形ともにばっちり!
中身が見えないよう口のところが袋状になっているとこまで
理想とぴったんこでした。
思いもよらない場所で、ひっそりと私を待っててくれた気さえする。
もしかして吉祥寺まで私を呼んだのは彼女かしら?
うちに来てくれてありがとう、大事に使うからね。


レジでお金を払ったら、すぐに中身を入れ替えてかごをデビューさせました。
これで夏のお出かけはますます楽しくなります。

気に入ったものにすぐ出会えるなんてそうめったにないことだから・・・。
今日はいい日でした☆ほんとに。
[PR]
by songbirdm | 2005-07-18 21:58 | すきなこと。
c0067782_22154861.jpg

職場のなかよしのKさんから、お手製のパンを頂きました。
すぐ食べたいのをぐっとこらえて、記念に写真をパチリ☆
手作りには手作りをプラス・・・ということで下に敷いているのは
お手製ランチョンマットです。作者私。



せっかくなので、丁寧に紅茶を入れました。
フランス帰りのエリーゼがお土産にくれたクスミティー。
これで少なくとも3人の人間がこの食卓に関わったことになります。

パンは涙が出るくらいおいしくて、紅茶で気持ちがほっとして。
そして思いました。
人の顔が見える食べ物って、本当に心が豊かになるのだと。

「仲間」を指す"companion"はもともと、ラテン語の「パンを分け合う人々」という言葉に
由来します。
同じ食卓を囲むことで生まれる一体感や、食べ物を通じて豊かな気持ちを共有する喜びを、
人間は昔から大切にしていたのでしょうね。

そんなことをしみじみと感じながら、心もおなかもいっぱいになりました☆


追伸: 院のメーリングリストでは「仲間」ではなく「家族」と書きましたが、
書き留めたメモを見直したら思い違いしていたことが発覚。17期のみんな、ごめんなり!
[PR]
by songbirdm | 2005-07-17 23:05 | 思うこと。
今日はダンスのスクールに行ってきましたー。

仕事中は肩こりで背中が重いし、頭は痛いし「行くのやめよかな・・・」と思ってたけど
せっかく用意をしてきたので、とにかく足を進めました。
ストリートダンスのスクールって、普通のジムと違って結構行くのに躊躇します。

なぜかというと・・・若い子が「圧倒的に主流」だからです。

ダンサーの活躍年齢は非常に若いです。
20代半ばで「常連」、いわばピークを迎え、20代後半は「古株」、30代・40代は
絶対数も少ないためもはや「長老」格・・・。
その方々に憧れてくる子達は10代・20代前半がほとんどです。
ゆえに私は「おばさん」の域に属するわけです。自動的に。

まあそんなことを気にしていたら芸の上達は望めないので。
さくっと受付を済ませ「たまーに来てるのよ、ここ」みたいな顔で開始時間を待ちました。

本日受けたのはロックダンスのクラス。
この「ロック」は「ロケンロー」のロックではありません。
"Lock"、つまり「鍵をかける」方のロックです。
鍵をかけるときって、カチャリと回転させますよね?そういう動きをします。
といってもよくわかんないと思われますが・・・SMAPの振りにもよく使われてる(もっと
わかんない?ごめん)ダンスです。

今まではHiphopばかりやってきたのですが、もともとラップよりもソウルミュージックが
好きだったので最近はロックダンスばかり気になってしまい。
遅ればせながら挑戦してみようと思ったのですね。

んで、まずは先生にご挨拶。

私:「本日ビジターで入りますー。ロック初めてなんでよろしくお願いします」

先生:「初めてだと結構ついてくるの大変だけど、今までダンスやったことあるー?」

私:「あ、少しだけHiphopを習ったことありますー。」(かなり少なめに言うのがコツ)

先生:「じゃあ大丈夫だねー。がんばってみてー」

というわけでがんばってみました。
ついてくのがやっとで、ぜんぜんできない(笑)。
でも逆に開き直っちゃったというか、Hiphopを踊る時のように「経験者なんだから
ここまでできなきゃ!」という気負いがゼロだったので、すごく楽しかった!

運動不足が続いたせいか、ものすごい量の汗もかいたし・・・。
気分爽快でした。

常連の女の子たち(かなり年下)も、「初めてなのによく動いてたじゃーん。また
おいでよー!」と気軽に(笑)声をかけてくれて・・・。
すっきりした気分で帰ってきました。

やっぱりダンスは最高!踊った後のお風呂がまた最高!
風呂あがりのビールは我慢して・・・筋肉をほぐすためにまた湯船につかってきます☆
[PR]
by songbirdm | 2005-07-13 22:58 | dance。

7/13(水) 地元飲み。

昨晩、院の先輩である16期Yさんと地元で飲み会をしました。
Yさんは偶然にも、私の住んでいる街で学習塾を経営されていたのです。
Yさんの教え子の女の子も一緒に、教育から生き方に至るまで実にさまざまな
話をしました。

Yさんは「先生という型に全くはまらない」先生。
話題が豊富で、世の中のいいことも悪いことも子供にちゃんと伝えてるんだろうな、という
感じの方です。
こういう先生に出会えてたら、私の中高時代もずいぶん楽だったと思います。

10代って特に大人の言うキレイゴトが鼻につく時だから、見せかけじゃない本当のことを
教えてくれる人を本当はすごく求めてるんだよね。
だから人生経験が豊富で、遊び上手で、生きることの本質をきちんと知っている人に
先生になってほしいと思う。

勉強していい成績を取ることだけがすべてじゃないこと。
軽い気持ちで踏み込んではいけない世界があること。
自由には、強さが必要なこと。

授業の中でそんなことに触れられる先生がいっぱい増えてほしいですね、これから。


Yさん、また日本の未来について(笑)、語り合いましょう!
[PR]
by songbirdm | 2005-07-13 12:59 | 大学院生活。

7/11(月) 徐々に夏☆

あっという間に月曜ですね。

昨日はお知らせどおり、コブクロのライブに行ってきました。
いや~、感動しました。元気もらいました!
歌唱力はもちろん、トークが最高☆
そしてお客さんをのせるのがとても上手い!(プロだからあたりまえかもしれないけど)
人柄が伝わってくるコンサートでした。

ライブには、今年初のゆかた姿で行ってきました。
これが結構おもしろい体験で。
まず最寄りの駅でしらないおじいちゃんに「今日はどこの花火大会?」と聞かれたんですね。
電車に乗ったら女の子二人組がこっちを見て「もう花火はじまってるんだー」とひそひそ話。
ライブ帰りに寄ったカフェのウエイターさんも「花火きれいでしたか?」

つまり 「ゆかた姿=花火」という図式が一般化しているんですね。
書くほどのことでもないっちゃあないんだけど、実際体験すると
改めてなるほどと思い。

花火以外のお出かけにも、ぜひたくさん着ましょう!
浴衣姿で踊りながら声援を送るのも、なかなかおつでしたよ☆
[PR]
by songbirdm | 2005-07-11 13:32 | すきなこと。