ラテン系会社員、先生になりました。


by チャー先生

カテゴリ:dance。( 49 )

振付師チャー先生。

とんでもなくご無沙汰していました。
仕事したり踊ったり歌ったり家事したり風邪をひいたりしているうちに、がっつりと日々は
過ぎていき。
「年賀状」という言葉を街中で見るにつけ、はっとする。
やばい、今年ももう終わる…。

行事の秋、わが職場も学習発表会(昔の学芸会)に向け、大人も子どももお勉強そっちのけの
毎日が続いています。
子供向けのミュージカルを上演するのですが、私の担当は、もちろん振付。
振りを作るまでが苦しいのですが、いったんできるとあとはもう練習練習。
未経験の子どもたちなのでできることが限られているのですが、それでも必死になって
朝早くから自分たちで練習している姿を見ると、心がきゅんとしてしまいます。

通し稽古で先生や出番待ちの子どもたちが拍手喝さいをしてくれ、踊った子たちは大喜び。
「先生、みんな喜んで拍手してくれた!」
と、目を輝かせて駆け寄ってきた子どもたちとひとりひとりハイタッチしながら思いました。
私のダンスのスタンスは、ここなんだなって。

自分が積み重ねてきたことが、違う誰かの役に立つのなら。
やっぱり続けていこうと思うのです。

休み時間の廊下で、うちのクラスの女の子が得意そうに話していました。
「M子先生はね、お勉強だけじゃなくてダンスの振付も教えてくれる先生なんだよ。
だから、みんな上手になるんだよ。」

その言葉に恥じないよう、精進しなければね。

というわけで、振付師という新しい目標を得た私は、ますます意欲的に踊っています。
新しいダンスグッズも投入して、モチベをあげました。

c0067782_104469.jpg
ブロードウェイ(中野じゃなくて
NYよNY!!)のど真ん中で購入した
capezioのダンスシューズ。
普通のスニーカーとは全然違って、
「踊ってる!」感がしっかりあります。
うまく踊れてるかも、という
幸せな勘違いができてしまうほど
素晴らしい履き心地です。






c0067782_1091186.jpg






ネットサーフィンで一目ボレし、
アメリカのサイトから取り寄せた
ドラムバッグ。
チアメイト&踊り子こずえちゃんと
おそろいです。
「これから踊る!」感があがって、
ハッピーになります。







まさに、Dance is my lifeな毎日。大切にしよう。
[PR]
by songbirdm | 2010-11-14 10:18 | dance。

荒療治。

たまに、「どうせダンスなんかやっててもお金と時間の無駄だ」と心がひねくれてしまい、
レッスンに行けなくなることがあります。
そんな時は体調不良だったり、何かしら別の要因があったりするのですが、
確たる理由がわからず気持ちがふさぎこんでしまう。
昔から何度も、こういう小さな壁に突き当たることがありました。

対処法はただひとつ。
少しでも気が向いた時に、余計なことを考えられない状態(つまり踊る)にまで
体を持っていくこと。
やや重苦しさを抱えながら、土曜日、スタジオまで足を運びました。

結果。
2レッスン続けて踊ってきました。90分×2。
踊りきったことに、自分でもやや驚き。なんだ、私元気じゃん。

リズムトレーニングの後、受けたのはHiphopのクラス。
改めて、Hiphopが体になじむことを痛感しました。
帰郷しました、って感じ?もう楽しくて楽しくて。
他のジャンルをやりつつ、自分のホームグラウンドは耕しておくべきなのだ。
と、体感したら、重苦しいものがすとんと抜けました。

やや強引なやり方ですが、おかげでいつもの自分を取り戻してきたよ。
2レッスンいけるのもわかったから…落ち込むのはもっと踊ってから!!
[PR]
by songbirdm | 2010-09-27 22:50 | dance。

チア その後

公約どおり、仕事を忘れて充実した夏休みを過ごしている私です。
研修でほとんど職場に行かなくて済むので、定時にばつっと終わって好きなことに時間を
使っています。
ああ、この幸せに一生浸っていたい。
ま、踊ったり歌ったりと、やっていることは普段とほとんど変わらないのですが。
で、5月に初めてトライしたチアダンス。
私のキャラじゃない、と思いながらも地味に練習に通い続け、
なんと来月大会に出ることになってしまいました。
イベントが目当てで習い始めたわけではないのですが、気がついたらそんなことになってしまっていて。
華やかなお嬢さんたちにまじって、私なんかがいいんだろうか…と煩悶しながらも、
ダンスの時はめっちゃ元気に踊っています。
おかげで、足がだいぶ上がるようになりました。

社会人のチームなので練習回数はそんなに多くありませんが、その分1回の練習密度が
めちゃくちゃ濃いのです。
日曜の練習は、3時間。今日は平日夜の練習なので、2.5時間。
エアコンがないので、汗は滝のように流れ。Tシャツから絞れます。まじで。
飲み物もペットボトル一本では足りず、1.5ℓがお約束。
それも、あっという間になくなります。
何をそんなに燃えているのか自分でも謎ですが、チーム一丸となってひとつのダンスを
作り上げるというのもまた新鮮で、楽しい。

まだまだ踊れる!がんばります。
[PR]
by songbirdm | 2010-07-27 23:48 | dance。

チア初体験☆

むかしむかし、大学に入りたての頃。
私のまわりのかわいい友人たちは、次々とチアガールになりました。
ミニスカートからまっすぐ伸びるカモシカのような脚をまるでもたない私は
ストリートダンスのチームに入り、脚のかわりにヘソを出しておりました。

真っ青な空が広がるキャンパス。
初々しくスタンツの練習をする友人たちを「おお、今日もよく飛んでおる」と遠目に確かめ、
カセットデッキの再生ボタンを押し、黒い音楽でリズム取りに励んだあの幸せな日々。
私にとってチアとは、身近でありながらもどこか遠くの出来事でした。
あれから10数年、まさか自分がポンポンを持って踊るとは…。

私を動かしたのは、「せんせ、チアダンスやりたい」という子どもたちの声でした。
見よう見まねでポンポンを振って踊ることはできる、でも教えるとなったら話は別です。
大技は無理だけど、踊りの基礎だけでも学んでちゃんと教えられたら。
そう思っていた矢先、未経験者大人向けのチアダンススクールを見つけ、
体験に行ってきました☆

簡単なステップなのに、立ち方、歩き方、ポーズの取り方、何もかもが違う。
でも楽しい!!
レッスンの間中、ずーっと笑顔でした。
あとは、振りを忘れないように、家でも練習練習。
c0067782_2217353.jpg

踊り子メンバーで作ったポンポン、大事にとっておいてよかった♪
[PR]
by songbirdm | 2010-05-23 22:17 | dance。

至福の一杯。

それは、踊った後のビール。
c0067782_1643265.jpg

プラスマイナスゼロになろうとも、プラスアルファになろうとも。
いいの最高においしいから。
[PR]
by songbirdm | 2010-04-11 16:45 | dance。

余興への道~弟練~

二次会の余興練習のため、都内某所のスタジオに集まりました。

既に皆様お気づきかと思いますが、ただの花嫁を演じるつもりは毛頭ございません。
年末ですもの!「いいもの観たわ~」と心があたたかくなるようなひと時を過ごせるよう
誠心誠意尽くしたいと思っています。

で、踊り子&大学3年生になった弟達が集合。
久しぶりの合わせでしたが、相当新鮮でした。
「なんでこんな振り出てくんの?!」っていうものを、彼らはぽろっと出してくるのです。
ありえなーい、と息が苦しくなるほど笑って、練習は一時中断。
笑いをこらえてマジ顔で最後の振り入れをし、あっという間に練習は終わりました。

帰り道、成人になった彼らと生ビールで乾杯。
ごくごく平静を装って飲んでいたけど、教え子と飲むお酒は格別でした。

そうそう、花嫁ダンサーズ募集しています。
簡単な振りなので一緒にステージ上がってくれる人は、連絡してくださーい☆
[PR]
by songbirdm | 2009-10-05 09:03 | dance。

家練、陰練、鬼練。

家練、という言葉が出てきたので思い出したのだけど。

その昔、私がダンサーちゃんだった頃多用していた言葉に
「家練、陰練(かげれん)、鬼練(おにれん)」
というものがありました。
呼んで字のごとく、家でする練習・陰でする練習・鬼のようにハードな練習を意味します。
「みんなの見ていないところで一生懸命練習する」のは「陰練鬼練」と言い、それを続けたダンサーは
非常にうまくなります。

年月を経ると言葉も変容していくもので、ダンサー内で通じる言葉もだいぶ変わったようです。
「シャリパン」(ダンスする時に履くナイロンパンツ)は「シャカパン」に、
「ショータイム」(ダンスのパフォーマンス時間)は「ショーケース」に。
「音先(おとさき)」「板付き(いたつき)」は昔と変わらず通じるみたい。ちょっとほっとする。

若かりし頃から地道な努力ができなかった私は全く陰錬の出来ない人だったけど、鬼錬はよくしてたな。
あの頃の体力も気力ももうないけど、汗まみれで大笑いしながら踊っていた頃のことはよく思い出す。
振り返ると甘美な思い出。いいね、大人になるってさ。
[PR]
by songbirdm | 2009-08-24 23:47 | dance。

久しぶりに踊りました。

家で、ですが。

やっぱり踊って体を動かすのが自分には一番楽しいことに気づきました。
普段きついなーと思ってやるダンベルも、踊ったあとにやると意外と楽。腹筋もね。

ある方が「もう忘れてしまったな、と思うことでも、体のどこかでは絶対に覚えているものだ」
と言った言葉に励まされ、好きなことはしっかり心の中に持っていようと思った。

「何が好き?」と聞かれたら、「歌とダンス!」といえる自分でありたい。
というわけで、これからも家練(いえれん:家での練習の意)は続けたいと思います。



☆個別連絡:踊り子こずえちゃんへ
相談した例のもの、意外とよかったです。がんばります。
[PR]
by songbirdm | 2009-08-24 23:23 | dance。
マル付けを終えたら、やはり体を動かしたくなって地元のジムへ。
ジムのスタジオプログラムは一回あたり45分~50分と短いので、2つ続けて受けると
ちょうどいい感じです。

☆ハタヨガ
ポーズの移動が以前よりもスムーズになっている自分を発見。
おうちヨガの成果かな?と思いました。
先生のアドバイスも細かいし、大きな鏡でポーズもチェックできるし、たまにスタジオで
ヨガをやるのもいいなと改めて実感。

☆ジャズ初級
代行ということで男性の先生でしたが、この人の教え方がよかった!
流すとことタメるところのバランスが絶妙で、ここでは「待てない自分」を発見。
普段とは違う振りがものすごく楽しくて、気がついたら笑顔で踊ってました。
「こんなん私じゃない!」みたいな。でもまたそれがすごく楽しい。

という感じで、ここちよく体に血液をめぐらせて帰りました。
こうやって書くと、トレーニングマシーンのフロアには全く立ち入ってないことに改めて気づく。
使い方がわからないというのもあるけど、基本的にストイックな運動が苦手なんだなー。
いつか頑張って挑戦してみたいと思います。しばらくないけど。

この日はパリに住む友人たちから電話ももらい、身体も心もハッピーでした☆
そして今朝はまた仕事!午後は遊ぶためにがんばります。
[PR]
by songbirdm | 2008-09-15 06:59 | dance。

スクールの帰り道。

踊るといつも半端なく汗をかく私。
体の熱を冷ますために、いつもレッスンが終わったあとは新宿まで歩くことにしています。
スクールは代々木にあるのでたった一駅なんだけど、この散歩が大好き。
踊って真っ白になった頭のまま、なーんにも考えずに通いなれた道を歩きます。

ふだんより、ゆっくりと。
途中のスーパーで飲み物を調達して、夕暮れの街をてくてく。
c0067782_022195.jpg
こんな時に見るビル街の風景も、なかなかいいものなのです。
[PR]
by songbirdm | 2008-08-17 00:22 | dance。