ラテン系会社員、先生になりました。


by チャー先生

カテゴリ:思うこと。( 93 )

おめでとうございます。

早速「通学が楽になってよかったね!」というメールが私の元にいくつか届きましたが、
つくばといっても、私が通っているキャンパスは茗荷谷です。都内だってば。
[PR]
by songbirdm | 2005-08-24 11:28 | 思うこと。
c0067782_22154861.jpg

職場のなかよしのKさんから、お手製のパンを頂きました。
すぐ食べたいのをぐっとこらえて、記念に写真をパチリ☆
手作りには手作りをプラス・・・ということで下に敷いているのは
お手製ランチョンマットです。作者私。



せっかくなので、丁寧に紅茶を入れました。
フランス帰りのエリーゼがお土産にくれたクスミティー。
これで少なくとも3人の人間がこの食卓に関わったことになります。

パンは涙が出るくらいおいしくて、紅茶で気持ちがほっとして。
そして思いました。
人の顔が見える食べ物って、本当に心が豊かになるのだと。

「仲間」を指す"companion"はもともと、ラテン語の「パンを分け合う人々」という言葉に
由来します。
同じ食卓を囲むことで生まれる一体感や、食べ物を通じて豊かな気持ちを共有する喜びを、
人間は昔から大切にしていたのでしょうね。

そんなことをしみじみと感じながら、心もおなかもいっぱいになりました☆


追伸: 院のメーリングリストでは「仲間」ではなく「家族」と書きましたが、
書き留めたメモを見直したら思い違いしていたことが発覚。17期のみんな、ごめんなり!
[PR]
by songbirdm | 2005-07-17 23:05 | 思うこと。
今日は、横浜支店のKさんが新宿勤務最後の日。
こじんまりとしたフレンチレストランでプチゴージャスなランチをする。
Kさんとは席がお隣で毎日のようにランチを共にしていたので、
もともとの配属場所に戻るとはいえとても寂しい。

気がついたら、今日は七夕。
なので、ここしばらく会えなかった人々の顔を思い浮かべてみた。
夜間の院に行く、という生活を選んでから、今まで一緒の時間を過ごしてきた人たちと
予定を合わせることが難しくなった。
それは思った以上に寂しいことだった。
残念ながら疎遠になってしまった人、事情があり姿を見ることすら叶わない人もいて、
そのことを考えると、胸がキリキリと痛む。

人間関係に何も期待しない、クールな性格に生まれたかったと思うのはこんな時。

でも、何かを選び取ってしまったら、それはしかたがないことなのかもしれない。
そうだとしたら、寂しいと感じるのは誰のせいでもない。
私の覚悟が足りないだけなのだ。

入学式の時にある先生がこう言っていた。
「ここに来たことで、得るものもあれば失うものもある」と。
それはとても深い意味を持った言葉だった。

この道を歩いていこうと決めたから。
孤独な自分と対峙することを恐れてはいけない。
無理は禁物だけど・・・やせ我慢も時には必要ですね、生きていくには。
[PR]
by songbirdm | 2005-07-07 22:17 | 思うこと。