ラテン系会社員、先生になりました。


by チャー先生

走り続ける。

ちょっとごぶさたしてました。
無理がたたったのか、3種類の皮膚疾患が一度に表れるという事態にみまわれました。
いちばん大変だったのが顔の左半分の湿疹。
左耳も調子が悪かったので耳鼻科にいったところ、なんと耳の中にまで湿疹ができている
と言われました。コワイヨー。

免疫低下が一番の原因。ゆっくり休みなさいとお医者さんに言われたけど、
振り返ると本当に休めなかった。
起床は5時20分。
学校に着いて、仕事を始めるのが7時。
持ち帰りの仕事を抱えて、学校を出るのが夜の8時か9時。
帰宅してご飯を食べ、明日の授業のために教材研究をすると日付は余裕で越えてしまう。
ここ一ヶ月ちょっとは、そんな毎日でした。

担任の仕事は、山のようにあります。
これだけ時間を費やしても、技量不足な私はまだまだ手の回らないところがいっぱい。
体が「これ以上無理!」とサイン出しているのはわかるけど、だとしても最低限現状を
維持しなければいけない。
それは、笑顔で子どもの前に立つこと。
半分赤くはれた顔で教壇に立っていても、そのことに全く触れず、子ども達は素直に授業を
受けてくれました。
そのことに、一番感謝かな。

昨日の帰り道、疲れが心ではなく体に出るようになっただけ成長したのかも、とふと思いました。
社会人なりたての私はそれはもうガラスの心で、毎日ピーピー言ってたもんな。
いつも目の前のことに精一杯だったけど、気がつけば昔より確実に強くなっている。
長く働き続けてるのも、なかなか悪くないね。
[PR]
by songbirdm | 2008-05-17 16:46 | 思うこと。