ラテン系会社員、先生になりました。


by チャー先生

できない子の復活宣言。

みなさま、ごぶさたです。

しばらくの間くらーいテンションでお休みを頂いてましたが、だいぶいろいろなことから
気持ちがふっきれてきたので、日記を再開することにしました。

悩みの種は、全く解決していません。
考えない時間を持てば少しは気持ちが向かうかなと思ったのですが、
修論の作業は相変わらずストップしたままで、資料だけが机の上で日焼けしています。

そんな状態を横目で見ながら、ずーっと自分を責め続けていました。
能力のなさ、素質のなさ、努力の足りなさ、体力のなさ・・・。
体を壊すくらいまで落ち込んでしまった自分を助けてくれたのは、
やはり友達の力でした。

何一つ失っていないんだよ、と励ましてくれた心友のMこさん。
韓国旅行で恋愛論から宗教観まで、ディープかつユーモアあふれる会話で
私を楽しませてくれたエリーゼ。
さりげない気楽さでいつものように明るく、優しい言葉のメールをくれたNYのたかしにぃ。
くらーくなってしまった私の愚痴に延々とつきあってくれて、明るい言葉で
返事を返してくれるのびのびっ子のA子。
何かあるとすぐに下北でごはんを食べてくれる、15年来の親友Kちゃん。

ダメ子の状態になっても、あれこれと心配してくれる人がいることに感謝しています。
なんだかんだいっても、やはり私は幸せ者です。

先日、ある人から送られてきたメールにはこんな言葉が書かれてました。

「大いに悩みなさい。そして出した結論は全て正解なんだからね」

その時、私はここに来るまでの自分をすっかり忘れていたことに気づきました。
眠れない夜なんて今までにもいっぱいあった。
どちらを取るかという二者択一に迫られて、毛布にくるまりながらどうしようどうしようと
ぐるぐる考えるうちに朝を迎えた日々。
あの時だって本当に苦しかった。
でも苦しみながら出した答えに、間違っていたことはひとつもなかった。
その積み重ねがあって、今この場所に自分がいるわけで。
そっか、思い出した。今までもそうやって進んできてたんだよね。

大粒の涙がボロボロこぼれて、それと同時に何も感じなくなってた心がだんだんと
温かさを取り戻してきました。

遠回りばかりで何一つ順調にいかない、それが今の私。
でもいいや、開き直ってバカはバカなりに頑張っていくのさ!
[PR]
by songbirdm | 2006-08-19 16:09 | 思うこと。