ラテン系会社員、先生になりました。


by チャー先生

人は見かけに・・・

昨晩バーで「何をしてる人に見えるか」という話で盛り上がったのですが、
私は店子に二人続けて、「○○○(日本製マフィア)の愛人」と
断定されました。
実はこう言われたの、初めてじゃないんです。
夜遊びをしているとホステスさんに間違われた、というエピソードは
よく聞きますが、私はなぜかそちらの筋に思われることが多い。

「どこそこの(組の)姐さんだと思った」と具体名を言われたこともあれば
帰ろーと思ってお店の外で涼んでいるといかにもそれらしき人たちが
近づいてきて、「お迎えがまだのようでしたらうちの若い者がお送りしますが、
どちら(の方)ですか?」と丁寧なご挨拶を頂いたこともあり。

なんでだろう?と思って以前聞いてみたことがあるのですが、
こんな感じのコメントが採取されました。

まず、

「すごく偉そう」

これは昨日も言われた。・・・そ、そうかな?

それから、

「何事にも動じなさそう」
「修羅場を越えてきた眼をしている」
「昼間働いてなさそう」
「持ってるオーラがカタギじゃない」
などなど。

・・・ねえねえみなさん、ちょっと失礼じゃないですか???
なんですか、「昼間働いてなさそう」って!
ふつーの会社員ですよー。しかも勤労学生です。
汗水たらして働きながら勉学にいそしむ(ちょっとうそ)まじめな生活を
送っているのに、「カタギの匂いがしない」なんて言われると寂しいですから!

人は思いがけないところで、自分には思いもよらない顔を他人に
見せているのかもしれませんね。
うーん、どうせ間違われるなら、もっと凛としたべっぴんになりたい。
がんばろうっと。
[PR]
by songbirdm | 2006-05-21 20:28 | 思うこと。