ラテン系会社員、先生になりました。


by チャー先生

誕生日でした。

世の中広しといえど。
誕生日に点滴を打ってる人間なんて、そうそういないはず。
そこまでネタに徹したいのか!と自分にツッコミを入れつつ
病院のベッドで横たわっておりました。

自分の体にブドウ糖が注入されていくのを見ながら、
ぼぉっといろんなことを考えて、これもこれで私らしいのかな、と
変に納得。

楽しいこともあったけど、振り返ると20代はつらいことだらけでした。
もっとシビアな状況で生きている人は沢山いるってわかってても、
どうして自分だけこんな目に合うんだろう?って思いたくなるような
ことばかりで。
もっと自分に力があったら、もっと大人だったら、こんな壁にぶち当たらないのに。
そんな憤りを抱えながら、トライ&エラーをくりかえしてばかりで。

ほんとにカッコ悪くて、傷ついてばかりで、最後の日まで高熱にうなされるという
オチがついた私の20代。
でも逆に、きれいさっぱりお別れできました!あーすっきり。

日付が変わった途端、携帯にたくさんのおめでとうメールが届きました。
元気になったら復活祭をしようね、と慰めてくれた女子たち。
「食欲がなくてもケーキは食え!」と、自分がケーキを食べてる写メを送ってきてくれた
男友達。(かなり笑えた)
愛あるメッセージをファックスで送ってきてくれた、二人の姪ラコとレコ。
寝込んでると知って、お花を届けてくれた素敵な人。

みんなみんなありがとう。
元気になるまであともうちょっとです!!
[PR]
by songbirdm | 2006-04-21 11:48 | 思うこと。