ラテン系会社員、先生になりました。


by チャー先生

腰痛注意報。

NY回顧録が終わった直後でなんともカッコ悪いのですが・・・。
わたくし、腰を痛めております。

それは一週間ほど前の夜、突然起こりました。
いつもどおり寝ようと体を仰向けにしたとたん、
「!!!!!!!」
腰にするどい痛みが。
やばい、やばいぞと思いながらそのまま寝たのですが、次の日の朝
起き上がることができず。
とりあえずなんとかホームドクターのところに駆け込み痛み止めだけ
頂いたのですが、専門外なため整体に行ったほうがいいとアドバイスを受け
その日はなんとか仕事に行くことができました。

幸いにも座ったり歩いたりしている時にはほとんど痛まないのですが、
寝る時がどうもつらい。
腰痛に効くストレッチをしようとしても、足がまったく上がらない。
腰の痛みはいまに始まったことじゃないのですが、こんなに長びくのは
はじめてです。
加えて、その日を境にいろんな不調が始まりました。
まず寝つきが悪い。肩こりと頭痛がさらにひどい。
体全体が重くて、どんどん気分が下がり、ついには夜中に大泣きする始末。
ま、ちょっとつらいことがあったんですが、普段ならそこまで落ちないんですね。

ああこれはやばいな、体が悲鳴をあげているな、と確信した次の日の朝(今朝なんだけど)
起き上がることができなかったので、お休みを頂き、つかまり歩きをしながら
近くの整体に行ってきました。
整体師さん曰く、ぎっくり腰の一歩手前だったということ。
この状態で歩けること自体すごい、と驚かれました。

「眼精疲労もひどいし、肩と背中も鉄板状態だし普通のひとだったら
とっくに救急車ですよー。
体を使うお仕事じゃなさそうですけど、何か運動されてますよね。」

「はあ、多少ですがダンスと、あとボイストレーニングも・・・」

「ああやっぱり。バランスのよい筋肉のつきかたをしているから、ここまで
持ちこたえたんですよ。それはもうぜひ続けてください。無理しない程度に。」

ほっ。
踊りすぎで腰を痛めたのかも・・・と内心ハラハラしていたので、
整体師さんの言葉はとてもうれしかったです。
原因のひとつはやはり疲労。
仕事が変わって新しい環境になったしね。それはしょうがありません。
それから寒い時期は、とくに腰が悪くなりやすいそうです。
まわりに努力家が多いので、自分がすごくがんばってるっていう
自覚は全然なかったのだけど、体はとてもがんばってくれてたんですね。
帰りはいつもどおり普通に歩くことができるようになり、またまた安心。
メンテナンスの大切さを痛感しました。

もともとあまり体が丈夫ではなく、気力で乗り切るタイプの私。
人前でパワーが枯渇することはほとんどなかったのですが、
これだけ忙しい生活をしているとそれにもどうやら限界がくるようです。

お願いできることは人にまかせて、少しのんびり気分で行こう。
反省しつつ、気持ちを新たにした一日でした。
[PR]
by songbirdm | 2006-02-08 20:51 | 思うこと。