ラテン系会社員、先生になりました。


by チャー先生

男と女。

深夜に、親友Tから「よー元気ー?」のメール。
いつもなら「元気だよー」と返すけど、その日はそんな気分になれなかった。

実はここ二ヶ月くらいの間に結構しんどいことが次々起こり、さすがに超前向きと言われる私も心で悲鳴をあげつつ生活しているような状況だった。

きちんと化粧をして意識的に口角を上げていれば、仕事中はもつ。
勉強と修論の悩みで、学校の時間は過ぎていく。
けど、ひとりの時はどうしようもない。特に深夜はそうとう落ちてしまう。

そんなわけで取り繕う余裕もなく、ものすごく、ものすごーく暗ーい返事を
彼に返してしまいました。
すると、速攻こんな返事が。

「大丈夫だ、気にするな!何が大丈夫だと言われると困るがとにかく大丈夫だ!!」

・・・微笑。
男の子が地球上にいてくれてよかったなあ、と思うのはこういう時。
確たる根拠は全然ないけど、シンプルな言葉で力強く励ましてくれるのが男性のいいところ。
ぐるぐると小難しく考えがちな私には、思いがけず救われる瞬間があります。

もちろん、とりとめもない話に「わかるわかる」と延々つきあってくれて、
「まあ正しい答えなんてないわよねー、人生って」なーんて曖昧な答えをしながら
何杯目かのお茶をおもむろに飲む、という女の子たちにもかなり助けられているのですが。

どちらか片方だけじゃなくて、男と女、両方いてこそ世の中だなあと。
思ってしまいました。
[PR]
by songbirdm | 2005-10-21 13:58 | 思うこと。