ラテン系会社員、先生になりました。


by チャー先生

泣かせるじゃないの。

弟たちのパワーに圧倒され、脱力しきった夜中。
一通のメールがKちゃんより転送されてきた。
チームのリーダー、Nくん(高2)からのお便り。(原文そのまま)

「KさんやMさんと知り合わなかったら、マジで今の俺はただの高校生やってたかもしれないと思うと、マジでぞっとします。この一年で、俺ダンスマジで頑張ったつもりでした!
そのつもりが、今日確信にかわりました!ほんとに、こんなわけわかんねー妙なヤツに
ダンス教えてくれてありがとうございました!」

なんかもう、感無量でしたね。
お調子者のふりして、人一倍繊細なNくん。
チームをまとめきれなくて泣いてしまったり、
ダンスが原因で部活を辞めさせられてしまったり(この時はさすがに責任を感じた)
オーストラリア人のかわいい彼女ができたり(それは関係ないか)
この一年だけでもいろんなことがあったけど、
あきらめずにがむしゃらに踊り続けたあなたは本当にえらい。
頭がさがります。

「確信に変わる」瞬間を体験できた人には、次のステージが待ってます。
だからがんばってください。
若くて無茶ができるうちに、死ぬほど踊って下さい。

・・・とベタぼめしたんだけどさ。
名前まで入れておいて、なんであの感動的なメールを直接送ってくれなかったんだろ?
私のところに来たのは、

「リアルな話、年明けから本格的にうちあわせとかしませんか?」

というひじょーに現実的な内容。
・・・まあ、何だってうれしいけどね。次回の計画のことだしね。
しかし。
なにか納得がいかん。

女心がわかるようになるのは、まだまだ先だね17歳。
[PR]
by songbirdm | 2005-10-03 21:13 | dance。