ラテン系会社員、先生になりました。


by チャー先生

弟たちの晴れ舞台。

c0067782_2259141.jpg
この週末は、何をおいても駆けつけねばならない場所がありました。

昨年から縁あってダンスを教えていた子たちのいる高校の文化祭。
もちろんこれが年に一度の、そして来年は受験生となってしまう
彼らにとって最後のステージです。

昨年と違い、今年は私が多忙なためほとんど手伝うことができず。
でも、それが逆によかったみたい。
個性あふれるステージを見事に創りだしていました!
「できねーできねー」と困っていた昨年とは大違い。

背も伸び、骨格もぐんと男っぽくなっただけではなく、
一年でダンスも急成長☆
踊りが楽しくて楽しくてしょうがない、というようなみんなの動きに、
思わず目頭が熱くなりました。

踊るとひとりひとりの個性がすごくよく見えます。
線の細い子が意外にヘビーな振りを難なくこなしていたり、
その逆にがっちりめの子が繊細でやわらかい振りを得意としていたり。
うまく揃わなくても踊り始めの頃はそういうものを大事にしたい、と思って
教えてきました。

10代の彼らは、これからがダンス伸び盛り。
今度は仲間として一緒に踊る約束をしました。
その素晴らしい身体能力には到底勝てませんが、いつまでも一緒に踊りましょうと
言われるような大人でありたい、と思っています。
ねえKozueちゃん?
[PR]
by songbirdm | 2005-10-02 23:21 | dance。