ラテン系会社員、先生になりました。


by チャー先生

☆夏の計画その1☆ 踊る! 

今日はダンスのスクールに行ってきましたー。

仕事中は肩こりで背中が重いし、頭は痛いし「行くのやめよかな・・・」と思ってたけど
せっかく用意をしてきたので、とにかく足を進めました。
ストリートダンスのスクールって、普通のジムと違って結構行くのに躊躇します。

なぜかというと・・・若い子が「圧倒的に主流」だからです。

ダンサーの活躍年齢は非常に若いです。
20代半ばで「常連」、いわばピークを迎え、20代後半は「古株」、30代・40代は
絶対数も少ないためもはや「長老」格・・・。
その方々に憧れてくる子達は10代・20代前半がほとんどです。
ゆえに私は「おばさん」の域に属するわけです。自動的に。

まあそんなことを気にしていたら芸の上達は望めないので。
さくっと受付を済ませ「たまーに来てるのよ、ここ」みたいな顔で開始時間を待ちました。

本日受けたのはロックダンスのクラス。
この「ロック」は「ロケンロー」のロックではありません。
"Lock"、つまり「鍵をかける」方のロックです。
鍵をかけるときって、カチャリと回転させますよね?そういう動きをします。
といってもよくわかんないと思われますが・・・SMAPの振りにもよく使われてる(もっと
わかんない?ごめん)ダンスです。

今まではHiphopばかりやってきたのですが、もともとラップよりもソウルミュージックが
好きだったので最近はロックダンスばかり気になってしまい。
遅ればせながら挑戦してみようと思ったのですね。

んで、まずは先生にご挨拶。

私:「本日ビジターで入りますー。ロック初めてなんでよろしくお願いします」

先生:「初めてだと結構ついてくるの大変だけど、今までダンスやったことあるー?」

私:「あ、少しだけHiphopを習ったことありますー。」(かなり少なめに言うのがコツ)

先生:「じゃあ大丈夫だねー。がんばってみてー」

というわけでがんばってみました。
ついてくのがやっとで、ぜんぜんできない(笑)。
でも逆に開き直っちゃったというか、Hiphopを踊る時のように「経験者なんだから
ここまでできなきゃ!」という気負いがゼロだったので、すごく楽しかった!

運動不足が続いたせいか、ものすごい量の汗もかいたし・・・。
気分爽快でした。

常連の女の子たち(かなり年下)も、「初めてなのによく動いてたじゃーん。また
おいでよー!」と気軽に(笑)声をかけてくれて・・・。
すっきりした気分で帰ってきました。

やっぱりダンスは最高!踊った後のお風呂がまた最高!
風呂あがりのビールは我慢して・・・筋肉をほぐすためにまた湯船につかってきます☆
[PR]
by songbirdm | 2005-07-13 22:58 | dance。