ラテン系会社員、先生になりました。


by チャー先生

7/7(木) たなばたの日に思う。

今日は、横浜支店のKさんが新宿勤務最後の日。
こじんまりとしたフレンチレストランでプチゴージャスなランチをする。
Kさんとは席がお隣で毎日のようにランチを共にしていたので、
もともとの配属場所に戻るとはいえとても寂しい。

気がついたら、今日は七夕。
なので、ここしばらく会えなかった人々の顔を思い浮かべてみた。
夜間の院に行く、という生活を選んでから、今まで一緒の時間を過ごしてきた人たちと
予定を合わせることが難しくなった。
それは思った以上に寂しいことだった。
残念ながら疎遠になってしまった人、事情があり姿を見ることすら叶わない人もいて、
そのことを考えると、胸がキリキリと痛む。

人間関係に何も期待しない、クールな性格に生まれたかったと思うのはこんな時。

でも、何かを選び取ってしまったら、それはしかたがないことなのかもしれない。
そうだとしたら、寂しいと感じるのは誰のせいでもない。
私の覚悟が足りないだけなのだ。

入学式の時にある先生がこう言っていた。
「ここに来たことで、得るものもあれば失うものもある」と。
それはとても深い意味を持った言葉だった。

この道を歩いていこうと決めたから。
孤独な自分と対峙することを恐れてはいけない。
無理は禁物だけど・・・やせ我慢も時には必要ですね、生きていくには。
[PR]
by songbirdm | 2005-07-07 22:17 | 思うこと。