ラテン系会社員、先生になりました。


by チャー先生

上海老年爵士楽団。

c0067782_6405378.jpg

普段あまりおハイソな場所に用のない私ですが、
上海では日本のようなきちきち感がないこともあり、
きれいめのレストランやバーにも気軽に行ってみたりします。

今回行ったのは、和平飯店というクラシカルなホテルのバー。
平均75歳のおじいちゃんジャズバンドが、上海名物なのです。
c0067782_6362830.jpg

私たちが訪れたのは、1回目のステージが終わった20時半頃。
この時間に働いているおじいちゃんを見ることなどないので
遅くまでお疲れ様です・・・と思ってしまうのですが、
彼らはオールド上海華やかなりし頃のジャズメンズ。
そんな心配は無用のものなのでしょう。

1曲30元でリクエストも可能で、お店の方にお願いするとリストを持ってきてくれます。
せっかくなので、2曲お願いしました。
ジャズはぜんぜんわかりませんが、バーの雰囲気とおじいちゃんバンドの
調和がとても心地よかったです☆

ホテルの雰囲気もとっても素敵。
c0067782_6582317.jpg

「和平飯店」という字を目にするとどーしても中華料理店を連想してしまいますが、
飯店=ホテルの意味。
ここは、1929年に建てられた歴史ある5つ星ホテルなのです。
あとから調べたら、3年の改修工事を経て昨年の夏にリニューアルオープンだったそう。
いい時に行くことができてラッキー☆

和平飯店のある外灘(ワイタン)は観光地なのですが、
うちからは少し遠い。
世田谷区民がお台場に行くような感じなので、用がなければあまり行きません。
せっかくなので、少し散歩をしました。
ホテルの玄関を出て左を向くと、こんな感じ。
c0067782_795122.jpg

さっきのレトロモダンはどこへ?と思うくらい、一気に近未来が楽しめます。
でも、また路地裏を歩くと
c0067782_7132733.jpg

こんな素敵な街並みがある。
いろんな顔があるから好きなんだよなー、上海。
[PR]
by songbirdm | 2012-01-22 07:15 | I Love Shanghai!