ラテン系会社員、先生になりました。


by チャー先生

旅の効力。

おはようございます。
のっけからお下品なお話ですみません。
朝トイレに行き、使ったトイレットペーパーを入れるかごを
「ない、ない・・・」と探していて、ああ日本に帰ってきたんだっけと
あらためて実感しました。

海外居住経験のみなさんはおわかりかと思いますが、
トイレ問題に関しては深く語りたいという熱い気持ちがあり。
いずれまたね(笑)

旅に出る前の日常は非常にしちめんどくさくて、
数日留守にする分仕事を前倒ししたり、
新聞とめなきゃ食材使いきったり、
もしも何かの時を考えてある程度部屋を掃除したり、
着まわしのバリエーション考えたり、
むこうでがんばる同胞たちに日本食を買い込んだり、
インボイス作成めんどいと思いながらも
深夜もくもくと救援物資作りをしたり。

いつもそんなんなので、家を出るときにはぐったりしてしまいます。
でも。
戻ってくると必ず思う。
どんなにへとへとになっても、やっぱり行く価値あるよって。

実は、25年前に家族で中国を旅行した時には
「もういい・・・」と思って帰国しました。
(長期の旅が子どもにとってハードだったせいもありますが。)
そして、大人になってからの予想もしなかった上海との縁。
おそるおそる足を踏み入れたけれど、
たくさんの驚きと笑いと、素朴な優しさに出会いました。

もちろん、住んでいると不都合なこともたくさんあると思いますが、
まだ旅人である私は、自分なりのこの街のよさをたくさん
伝えていきたいと思います。

c0067782_9504776.jpg


きれいに撮れたので大きく載せました。
上海の観光エリアのひとつ、外灘(ワイタン)です。
この河沿いのレトロな街並みを歩いていると、大好きなパリと
なぜか私の故郷H市を思い出すのです。
[PR]
by songbirdm | 2012-01-04 09:56 | I Love Shanghai!