ラテン系会社員、先生になりました。


by チャー先生

漢方女子。

もともと漢方に興味があり、高麗人参の錠剤など飲んでいたわたしですので。
中国に行くとなれば、やはりそのあたりをより詳しく知りたい!と思い、
いろいろなところに足を運びました。

で、訪上海2回でわかったこと。
・街中に漢方ショップは山ほどある。しかしまず、言葉が通じない。
(服をつくるのはなんとかなったが、口に入れるものを頼むとなればある程度の
語学力は必須)
・漢方ショップのほとんどは煎じ薬が多く、本物とニセモノの区別が難しい。
地元の人ですらニセモノをつかまされることが多々あるらしい。
(ローカルがだまされるなら、外国人はまさにいいカモ)
・観光客用の漢方ショップはある程度言葉が通じるし、錠剤や粉末もあるが
値段が高い。ニセモノの可能性も少なからずある。

これなら、きちんと細部まで意思を伝えられる日本で買ったほうが安心だよな・・・と思い
薬としての購入はあきらめました。

そんなある日。
家の近くのローカルスーパーで、地元のおばちゃんたちが何を買っているか
興味しんしんでながめていると、ほぼ100%の確率で
緑豆が入った袋をかごに入れていくではありませんか。

そこで気がつきました。ここが医食同源の国であることに。
何も漢方専門のお店に行かなくても、身近に体調をととのえる食材があるのです。
あらためて乾物コーナーとお茶コーナーを歩くと、あるわあるわさすが食を
おろそかにしない国。もちろん値段もお手ごろ、日本の半額以下です。
目の色を変えて見ていると、スーパーのおばちゃんたち(いつも暇そう)が寄ってきて
「このメーカーが安いし、よく売れている」というようなこと(たぶん)を教えてくれました。

で、今回チョイスしたのがこちら。
c0067782_16362921.jpg

左上から時計回りに、なつめ・クコ・緑豆・菊花茶です。
それぞれに効用がありますが、日本の食卓にあまり登場しない緑豆は、
体の熱を取る食材として夏によく食べられると聞いています。

このあたりの家の明日の朝ごはんは、緑豆入りのおかゆなんだろうな。
なんだかあったかい気分になりました。

帰国後、なつめのはちみつ漬けを作ったり疲れたときのパワーチャージティーにしたりと
目下大活躍しております。

よし、今夜は豆入りおかゆにしよーっと。
[PR]
by songbirdm | 2011-09-25 16:51 | I Love Shanghai!