ラテン系会社員、先生になりました。


by チャー先生

上海リポート 洋服を作る編

中国本土ではお洒落度の高い上海。
しかし、残念ながらお手ごろでかわいい服にめぐり会う機会はほとんどありませんでした。
もちろんブランド品は繁華街に行けばありますが、関税がしっかりかかっているのか
日本と同等、またはそれよりも高いくらい・・・。

そんなのいらない。

ならば作ってしまおう!と思い立ち、オーダーメイドに挑戦しました。
中国では人件費が安いので、昔の日本のように洋服を仕立ててくれるお店が
いっぱいあります。

今回行ったのは、上海の観光名所「像園」の近くにある生地市場。
上海十六補面料城、英語名は”HuangPu ShiLiu Pu Cloth Market”だそうです。
c0067782_1848327.jpg

堂々としております。
イメージとしては、日暮里の生地屋さんが密集して縦に伸びているような感じ。
4~5階建てのビルの中に、反物上の生地を積んだ小さなお店が数え切れないくらい
密集しています。
中は薄暗く混沌としているように見え、もちろん日本人度ゼロ。
でもタクシーで乗り付けた欧米系のおじさま&おばさまが次々と入っていくのを見て、
「やはりここで服は作れるはず!」と確信。
(特にヨーロッパの方はお財布のヒモが堅い=必要なものしか買わない傾向にあるので、
集まるところはお得度が高い、という私なりの判断)
意を決して進入しました。

というところで、いったん筆を置きます・・・。
[PR]
by songbirdm | 2011-09-04 21:36 | I Love Shanghai!