ラテン系会社員、先生になりました。


by チャー先生

ダンスと教育。

昨日、教員向けのダンス研修会に行ってきました。
中・高では体育でストリート系ダンスがもはや必修となっており、
時代の流れってすごいなあ・・・と感心してしまうのですが、
ダンス経験のない現場の先生方は大変なことです。

だって、日ごろ踊ってる私でも子どもの指導って難しいもん。

自分の指導力を磨くべく、 踊り子リーダーとともに参加してきました。
この研修、もうひとつお目当てがあって。
それは講師のダンサーさん。
その分野では数々のタイトルがある非常に有名な方なので、
間近で見られるだけでも貴重な体験になる、と楽しみにしていたのです。

未経験の方が多い研修なので最前列に行かせていただき、
ステップをガン見しながら集中して踊っていたのですが、
その際ご本人とばっちり目が合ってしまいました。
笑顔につられて思わず反射的に笑顔で返してしまったのですが、
その直後舞台に引き上げられ、わずかな時間ですがペアダンスを踊ることに
なってしまいました。

どんな簡単なステップでも男女のペアは男性のリードで左右されるのですが、
やはりプロはすごい。
自分がうまくなったと勘違いするほど、気持ちよく踊れるのです。
違う動きをしているのに共有する空間が一緒、という感じ。

きっと腰を痛めても踊り続けようとする私に、ダンスの神様がプレゼントを
くれたのでしょう。
こういう思いがけないサプライズで、またがんばろうと思うのです。根が単純なので。

私もいつか、子どもたちとこういう風に踊れたらいいなー。

ちなみに、エアコンなしのどでかい体育館&MUSASHIを適切な時間に摂取したおかげで
もんのすごい量の滝汗をかきました。
研修が終わった帰り道の私とリーダーは、まるで部活後の中学生のようにへとへとでした。
それなのにその後、通常レッスンへと旅立ったリーダー。えらいよ・・・。
私はバーゲンをあきらめ、時計が10時になる頃には夢の中でした。健康的☆
[PR]
by songbirdm | 2011-07-03 21:30 | dance。