ラテン系会社員、先生になりました。


by チャー先生

荒療治。

たまに、「どうせダンスなんかやっててもお金と時間の無駄だ」と心がひねくれてしまい、
レッスンに行けなくなることがあります。
そんな時は体調不良だったり、何かしら別の要因があったりするのですが、
確たる理由がわからず気持ちがふさぎこんでしまう。
昔から何度も、こういう小さな壁に突き当たることがありました。

対処法はただひとつ。
少しでも気が向いた時に、余計なことを考えられない状態(つまり踊る)にまで
体を持っていくこと。
やや重苦しさを抱えながら、土曜日、スタジオまで足を運びました。

結果。
2レッスン続けて踊ってきました。90分×2。
踊りきったことに、自分でもやや驚き。なんだ、私元気じゃん。

リズムトレーニングの後、受けたのはHiphopのクラス。
改めて、Hiphopが体になじむことを痛感しました。
帰郷しました、って感じ?もう楽しくて楽しくて。
他のジャンルをやりつつ、自分のホームグラウンドは耕しておくべきなのだ。
と、体感したら、重苦しいものがすとんと抜けました。

やや強引なやり方ですが、おかげでいつもの自分を取り戻してきたよ。
2レッスンいけるのもわかったから…落ち込むのはもっと踊ってから!!
[PR]
by songbirdm | 2010-09-27 22:50 | dance。